言葉の新世界に触れる。中島桃果子 著『誰かJuneを知らないか』

こんにちは! 日曜日担当、ゆうゆう(@yuu_uu_)です。

今日は、運命的な出会い方をしてしまった1冊の本についてお話します。

ゆうゆう@旅する書評家
まさかこの年齢になって、生涯一の本に巡り合うとは思っていませんでした。

中島桃果子さんという方が書かれた、
『誰かJuneを知らないか』という小説です。

created by Rinker
¥1,620 (2019/08/23 17:26:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

『誰かJuneを知らないか』

まず見てほしいのは、
この作品の冒頭文です。

誰かJuneを知らないか。
月の涙と雨傘をあしらった冠をはすっぱに頭に載せて、
銀の睫毛を震わせながら歌っていたあの子のことを。
自分の片割れを探してある日どこかへ行ってしまった彼女のことを。

この作品、手に入れるまでに相当な時間がかかりました。

『ココナラ』というサイトで書評を書かせていただくお仕事をしているのですが、
この『誰かJuneを知らないか』は、そのご依頼で知った1冊。

Kindleでも配信されておらず、近くの大型書店にも在庫がなく、
2週間ほどかけてようやくAmazonに1冊だけ在庫があるのを発見し、即注文

私が一層この作品に愛着を持つようになったのは、
出会うまでの紆余曲折があったからかもしれません。

ようやく出会えた1冊。
開いたらまず飛び込んでくるのが、この冒頭文。

僕はいまやっと、準備ができたんだ。
君が睫毛を震わせて空を見上げたならその瞬間に、
オーロラ色の傘をかざして小さく頷く準備だよ。(中略)

僕はいまでもこの場所で、君の帰りを待っている。

 

言葉の新しい世界に、触れる

書評としては反則かもしれませんが、

ゆうゆう@旅する書評家
私はあえて、この作品の内容やストーリーについては一切触れません。

その言葉、一説一節の美しさ。
日本語が元々内包している弾けるような瑞々しさ。
危なげに不安定、なのに、確かに地に足をつけているのがわかる存在感。

ファンタジーではありません。
どこまでもリアルな、現実世界の物語です。

宙を漂っているような言葉選びに、もしかしたら、
肌に合わないと感じてしまうかもしれない。

けれど、本が好きなあなたなら、言葉が好きなあなたなら、
きっとこの魅力に気づいてくれる。
そして、一緒にJuneを見つけられるはずです

どうか、この物語を知ってください。

created by Rinker
¥1,620 (2019/08/23 17:26:04時点 Amazon調べ-詳細)
合わせて読みたいおすすめの1冊

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    2年前に、月残業時間100時間超え超絶ブラック企業から脱出。 書くことを仕事にしたくて奮闘するアラサーです。30歳までに本を出すことが目標! 幼少期に読んだ『ズッコケ3人組』から読書にハマり、それ以来、わたしの友達は活字です。 年間300冊の読書量から、おすすめの本を厳選して紹介します。 好きなジャンル:自己啓発・ビジネス・エッセイ・小説  (ミステリー) 好きな作家:道尾秀介・辻村深月・有川浩・窪美澄・西加奈子・住野よる