上手い文章を書くには?山口拓朗 著 『うまくはやく書ける文章術』を読め

 

巷には、文章術や文章力に関する本が溢れていますよね。
正直言ってどれを選んだらいいか、わからなくなりませんか?

結論から言います。
文章を書くのが苦手なひとは、これさえ読んでおけばOKです!

 

文章を書くのは得意ですか?

 

論文、レポート、読書感想文、作文、企画書などのビジネス文書、手紙やハガキ、案内文、メール、LINEやTwitterなどのSNSなどなど……。
文章を書くシーンって、意外とありとあらゆる場所に転がってますよね。

文章を書くのは、正直ニガテ
何から書けばいいかわからない……

そんなあなたに、心からオススメしたい1冊があります!
山口拓朗さん著の『「うまく」「はやく」書ける文章術』。

 

 

尊敬するライター・ブロガーさんの世良菜津子さんが紹介されていて知った本です。
これさえ読んでおけば、ほかの文章術に関する本は読まなくても大丈夫!

 

これに沿って書いとけば大丈夫!  フォーマットが豊富

 

いざ文章を書き始めるときに、
まず、何から手をつけたらいいか分からない
っていうこと、あると思います。

そういうとき、
とりあえずこれに沿って書いとけばカタチになるよ!
みたいなフォーマットがあれば楽なのにな~~って思いませんか?

この本には、どんなタイプの文章にもあてはまる、万能な型がたくさん載ってます!

 

①結論優先型
②物語型
③列挙型
④主張型
⑤SNS紹介・宣伝型

 

書きたい文章、載せたい媒体によって
これが合うかな?」っていう型さえ選んでしまえば、あとは例文を参考にして書き進めればいいだけ。

こんなに楽なことはない!

個人的には、ブログやTwitterに載せる文章のコツがとても参考になりました。
その部分だけでもめちゃくちゃ参考になるので、気になる方はぜひぜひお手に取ってみてください!

 

 

「そもそも何書けばいいの?」がなくなる!

 

この本によると、“書く行為”の8割は「準備の段階」なんです。

何書けばいいかわからない……と足踏みする以前に、
どんな段階をふめば整った文章が書けるのかを、わかりやすく説明してくれています。

普段の生活のなかでも、「書く材料」をインプットすることはできます。
生きていくなかで自然と「ネタ」が拾える体質になるんです。

読んでいるだけで、なんだか書けそう……!  と思えてきます。
そして、「なにか書きたい」と思い、実際に書き始めているはずです。

 

この感覚を、できるだけ多くのひとに味わってほしい!

 

文章を書くのが苦手なひと、
ブログやTwitterを始めたいけど、何を書けばいいかわからない、
書けるような面白いネタなんて持っていない、
そう思っているひとにこそ、読んでほしいです。

文章力についての本は巷に溢れていますが、まず買うのはこの1冊で十分です。

文章の魅力を再発見してください!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

2年前に、月残業時間100時間超え超絶ブラック企業から脱出。 書くことを仕事にしたくて奮闘するアラサーです。30歳までに本を出すことが目標! 幼少期に読んだ『ズッコケ3人組』から読書にハマり、それ以来、わたしの友達は活字です。 年間300冊の読書量から、おすすめの本を厳選して紹介します。 好きなジャンル:自己啓発・ビジネス・エッセイ・小説  (ミステリー) 好きな作家:道尾秀介・辻村深月・有川浩・窪美澄・西加奈子・住野よる
合わせて読みたいおすすめの1冊