20歳以上限定。家の中でも楽しめるお酒の飲み方 五十嵐雄策『ひとり飲みの女神様』

本文を読む前に。

この記事はお酒を題材にした本を取り上げています。

①20歳以上のお酒が好きな方

②飲み会が自粛されているので、家飲みをしようとしている方(そして翌日に支障をきたさないよう、自制ができる方)

③お酒は飲めないけど、雰囲気だけでも酔いたい方 におススメします。

こんにちは、Yurika(@bookshelf_yt07)です。

出会いと別れの3月になりましたね。と言いたいところですが、

今年は予想しなかった新型コロナウイルス感染拡大で、行動制限されている方が多いと思います。

自宅で過ごす時間も増えたのではないでしょうか。

こんな時は読書をもおススメしますが、今回は読書+αを紹介します。

それは、ひとり飲みをするOLを描いた五十嵐雄策『ひとり飲みの女神様』

酒場、屋台、バー、そして、自宅で楽しめる家飲みなど、様々なお酒の飲み方が描かれています。

created by Rinker
¥1 (2022/08/13 08:37:18時点 Amazon調べ-詳細)

あらすじ

川本月子。都内中堅商社に勤める独身OL、28歳。

普通の女子と異なるのは、お酒、特にひとり飲みが大好きなこと

これは、そんな吞兵衛女子が語るお酒やおつまみの話である。

月子がひとり飲みをする理由

(ひとり飲みは)だれかと語り合うでもなく、仕事のためでもなく、ただ目の前にあるお酒とつまみを楽しみ、自分の内面を見つめて、そして省みる。

語り合う相手は―自分自身。

お酒は時に優しく、時に厳しく、様々なことを問いかけてくる。

それはキラキラと光り輝くような時間であり、人生においてかけがえのない大切なものだ。

会社の同僚や友人と飲むのも楽しいですが、

一人だと、誰にも邪魔されず、自分のペースで飲むことができます。

自分のペースで飲むからこそ、自分自身と語りあい、内面と向き合えるのかもしれませんね。

月子もうれしい時でも、同僚とケンカして落ち込んでいるときでも、内面を見つめるために、ひとり飲みをしています。

自宅でできる家飲みとは?

月子は酒場に行くのはもちろんですが、家飲みの極意も教えてくれます。

家飲みのメリット

・時間や周りの目を気にしなくて済む!

・(お料理好きな人は必見!)おつまみを自分で作ることができる!

・外で飲むよりリーズナブル!

現在のように、外に出られない状況でも、楽しめそうですね!

ちなみに本の中では

おつまみ→だし巻き玉子、ポテトサラダ、子持ちシシャモ、イカの塩辛、馬肉、カプレーゼ

お酒→ビール、日本酒(新政)、焼酎(『百年の孤独』)、ワイン

を飲んで食べています。

こう書いているだけでも、酔いそうですし、お腹いっぱいになりそうですね。

月子は独身なので一人で家飲みをしていますが、家族や友人、恋人と一緒に楽しむのも、楽しそうですね。

(ただし、家飲みをすると、自分で全て片付けなきゃいけないません。散らかすと大変なことになるので、注意してください!)

まとめ

外出が難しい現在、自宅で楽しめることの1つとして、家飲みを紹介しました。

あくまでも、お酒なので程々に楽しむことをオススメします。

今回は家飲みにフォーカスしましたが、月子は様々な酒場に顔を出しています。(まるで小説版吉田類の酒場放浪記。月子は女性だから、小説版おんな酒場放浪記かな。)

外出出来るようになったら、酒場へシフトするのもいいですね。

また、続編にあたる『ひとり飲みの女神様 2杯目』でも、家飲みの続き(手作りビール造り)や日本酒風呂も紹介されているので、こちらも併せて読んでみて下さい。

created by Rinker
一迅社
¥94 (2022/08/13 08:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

神奈川県出身。通勤や移動時間を読書タイムに充てているメーカー勤務のOL。 読書の傾向は小説8割、ビジネス書等その他2割。 好きな小説ジャンルは、ミステリー、ファンタジー、時代小説で、あまり読まないのが、恋愛小説。 好きな作家は原田マハ、池井戸潤、有川ひろ、上橋菜穂子、荻原規子などなど。 シリーズものを読み始めると、絶対に順番を守らないと気が済まないタイプ。 2、3日おきにTwitterとInstagramで読書記録を投稿している。