和田裕美 著『何もなかったわたしがイチから身につけた稼げる技術 〜女性のためのカセギスキル〜』

こんにちは!やまゆき(@yamayuki39mama)です。

キャリアについて、「今のままでいいのかな・・・」
とモヤモヤしている女性って多いと思います。

「だけど、自信がないし、稼ぎたいなんておこがましい気がする・・・」

いいえ、自信を持っていいんですよ!
そんなあなたに読んでほしいのは和田裕美さんのこちらの本。

私は、和田裕美さんのファンで優しい口調が大好き!
9年前くらい私が就活生の頃からよく読んでいました。

都内で営業OLをしていた頃
裕美さんの言葉にどれだけ励まされたか・・・!

今回の本は「あなたはもっと稼いでいい」という言葉の通り、
あなた自身にある稼ぎスキルについて考えることができる本です。

専業主婦でも、会社で働いているという方でも、大丈夫。

  • このままでいいのか迷っているけどどうしたらいいかわからない
  • 稼ぐと言われてもちょっと自信がない・・

そんな女性を励ましてくれる本です。

正社員じゃなきゃダメ?!
稼ぐために、働く形に執着しないこと

稼ぐために、仕事をしたい!そう思った時に
和田裕美さんがオススメしているのは2つの方法です。

 

  1. パートで働く
  2. セールスの仕事をする

女性にとって、これがものすごく現実的であり、経験がなくても稼げる可能性があり、
一生食べていけるスキルが身につき、昇進できる可能性もあるという、
いわば、稼げる道となります。

これを見た時は
「えっ!!!現実的な選択肢って言いきっちゃうんだ!!!」
と正直思いました。

 

でも、こう続きます、

「入り口」にこだわらなければ女性はどんどん稼げる!

 

正社員って

  • 安定している
  • 雇用保険や社会保険も会社が半分負担してくれるから安心
  • いろいろな手当がある
  • 非正規よりも給料がいい(正確にはそうでない仕事も多いです)

こういうイメージがあると思いますが、実はそこだけに執着しない方がうまくいきます。

なぜなら正社員をいきなり採用するって企業側も慎重になってしまうからです。
派遣やパートなど雇用の形はいろいろありますが、
採用のハードルが低い分採用されやすい。
「良さそうな人はどんどん採用」となる可能性が高いとも言えるんです。

私は今、シェアオフィスに通って働いていますが、正社員ではありません。
企業から業務委託でお仕事を受けている、フリーランスという形です。

フリーランスではありますが、
・ベンチャー企業で働く面白さを味わっている
・個人ではできない仕事ができる。
というのもすごくメリットだと感じています。

他にもシェアオフィスには、週に決まった時間だけ働くというパートの人も多くいます。
小学生のお子さんがいて早帰りの日は午前中の勤務、など調整してるそうです。

フリーランスで複数の企業で働いている、という人も多くいます。

 

今は派遣社員、パート、フリーランス、いろんな形があります。
働き手が減っているので、有効求人倍率はバブル並とも言われています。

だからこそ、自分のスタイルに合わせて雇用形態にとらわれず仕事を選ぶ
これって大切な視点なんじゃないかなと思いました。

セールスは人を動かすスキル

好かれて、信頼されて、つながってあたたかい関係が生まれる

セールスは人を動かすスキル
好かれて、信頼されて、つながってあたたかい関係が生まれる

営業ってガツガツ売りましょう!というわけではないんです。

営業に大切なのは、まず聞き上手であること。

そして人に好かれているかどうかです。

本書で書かれている好かれスキルもどれも簡単に実践できそうなものばかり

『好かれスキル』人から好かれるために大切な6つのこと

①すみませんではなく、ありがとうで返事をする
②ネガティブな反応をしたくなったらトイレに駆け込む
③挨拶は先手必勝
④1日3ほめを習慣にする
⑤幸せワード(嬉しい・美味しい・素敵・最高)を口にする
⑥何かお手伝いできることありますか?を口癖にする

ね、いますぐできることだらけじゃないですか?

営業に大切なことって実はコミュニケーションで自然とやっていること何です。

でも、「ハードルが高そう・・・」という印象があるので、
希望する人が少なく穴場な職種でもあります。

女性には女性の強みがある。
それを活かせば稼ぎ力は身につく。

人生100年時代と言われ、漠然と将来のお金のことやキャリアのことで不安を抱えている人は多いと思います。

でも、自分で稼げればどうてことないのです。

女性だって遠慮せず、もっと稼いでいい!
そのことを実感できる一冊です。

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県在住 『わたしの本棚』書評家 就活での課題図書で名著と呼ばれる本の数々に出会い、読書が好きになる。 現在は、育児の合間に本を読むのが癒し時間になっている。 好きなジャンル:エッセイ・ビジネス・自己啓発
合わせて読みたいおすすめの1冊