仕事も恋愛も!コミュニケーションがうまくいく『伝わる』メソッド 小西 利行 著『伝わっているか?』

こんばんは!2児のママライターやまゆき(@yamayuki39mama)です

「今日会える?」

「この仕事やって」

あなたは伝える場面で、ただ用件だけを伝えていないでしょうか?

 

言われる立場になってみると、言い回し一つで受け取り方は随分と違ってきます。

例えば、

「今日会える?」よりも、
「1分だけでもいいから、今日会える?」
と聞かたほうが、より会いたい気持ちが伝わってくると思います。

また、
「この仕事やって」よりも
「いつもお疲れ様。実は、この仕事任せたいんだけど。」
と聞かれる方が快く受けたくなるでしょう。

 

そうはいっても、コミュニケーションって難しい!
そんな気の利いた言い回しができるものならしてみたい・・・!

そんなあなたにオススメなのが、コピーライターの小西利行さん著の「伝わっているか?」です。

▼伝わっているか?特設サイトはこちら
https://www.sendenkaigi.com/iruka/

ゆるい見た目とは裏腹に
役立つテクニックからコピーの本質まで満載!

小西利行さんは日産の「モノより思い出」などのコピーを作ったライターさんです。

そんなエモい言葉を作る人の本?難しいの?と感じたかもしれませんが、
こちらをご覧ください!!!

この本は見た目からもわかるように、誰でも理解できるくらい絶妙なゆるさで書かれています。

 

登場人物はゲイバーのママ、ももこ(35)と、お店に突然現れたイルカ
そして、相談に来るお客さん。そのやり取りが描かれているという設定。
「伝わっているか?」で始まる、イルカからのアドバイスでメソッドが展開されていきます。
わかりやすいストーリー形式、文中のイラストもゆるっと脱力系で、
読み始めると一気にすらすらと読めます。

 

しかし、そのような見た目とは裏腹に
コピーライティングのテクニックから本質まで詰まっているのです。

  • ほしい行動をとってもらうための伝え方、
  • アイデアの出し方、
  • コンセプトの考え方、
  • 本当の課題の見つけ方、
  • 自分で考えることの大切さ

など20項目のメソッドがまとめられています。

これは本文中のイルカの言葉ですが、
「コピーライティングは人生をうまく生かすためのスキル」です。
すらすら読めるけど、深い!!!人生に使えるメソッドも満載なんです。

 

伝えるより伝わる

これもイルカの言葉ですが、多くの人が「伝えよう」として失敗しています。

実は、伝えることばかり考えるのは
結局相手のことを考えず、自分の意思を押し通すエゴになってしまいます。

「伝わる」ためには相手の気持ちを想像して、
その人が嬉しくなって心が動くアイデアを考えていくことが大切です。

そのテクニックは

コミュニケーションにおいて、答えは相手の中にあります。

まずは、とことん相手の立場からの視点になりきって想像すること。
大切なのは思いが “伝わっているか” どうかです。

「1分だけでもいいから、今日会える?」
「いつもお疲れ様。実は、この仕事任せたいんだけど。」

最初の例文で出した、これらの言葉もメソッドを見ながら考えた言葉です。

相手に「おっ!なんかいい」と思ってもらえるようになればコミュニケーションもうまくいきます。
私も、なんか伝わらないな・・・という時は、この本を読み返してみるようにしています。

 

 

サクサクと読める本ながらも、テクニックだけでなくコピーライティングの本質も掴めるこちらの本。

☑コミュニケーションをうまく行かせたい
☑言葉で人の心を動かせるようになりたい。

という方は、ぜひ!読んでみて下さい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

千葉県在住 『わたしの本棚』書評家 就活での課題図書で名著と呼ばれる本の数々に出会い、読書が好きになる。 現在は、育児の合間に本を読むのが癒し時間になっている。 好きなジャンル:エッセイ・ビジネス・自己啓発
合わせて読みたいおすすめの1冊