シックに暮らすためのヒント。『フランス人は10着しか服を持たない2』

こんにちは、tsuki@tsuki1188です。

先週私が【特集/人生に影響を与えた3冊】で紹介した『フランス人は10着しか服を持たない』には、続編があります。

 

 

今回は2作目の『フランス人は10着しか服を持たない2 今の家でもっとシックに暮らす方法』を紹介します。

このシリーズ、私はとても好きです!読むと心が穏やかになって、日々を丁寧に過ごしたくなります。

家事、育児、仕事。忙しくても素敵に暮らすには?

 

1作目では、著者ジェニファーさんがパリ留学でフランス人から学んだ、暮らし方の秘訣について書かれていました。

その後カリフォルニアに戻り、家庭を持ったジェニファーさん。

本書は彼女があみだした、家事や育児や仕事に忙しい中でも、シックに暮らすヒントを教えてくれます。

※シックとは、フランス語で「上品で洗練された」という意味です!

掃除、料理など家事の話がメイン。2作目はどちらかというと、家庭を持ち、子育てしている人に向けた内容になっています。

著者はアメリカの方なので、紹介されている料理やホームパーティといった文化は、日本人には少し縁遠いかもしれません。
でもシックに生きるマインドは十分理解できました。

特別な生活をするというのではなく、なにげない日常を楽しみながら大切に過ごすことが、シックな生き方につながります。

もしかしたらあなたは、シックであることは、日常のつまらない家事や雑用とは関係ない、と思っているかもしれないー

ところがじつは、そういうことをあなどってはいけないのだ。

そんな日常のなにげない瞬間の心構えをあらためれば、あなたの生活はがらっと変わる。

 

暮らしのヒントを少しだけ紹介します。

 

本書では、暮らしの秘訣やコツがたくさん紹介されています。取り入れられそうなアイディアをぜひ探してみてください。

「家しごと」を楽しむフランス人

フランス人の友人たちから学んだいちばん大切なことは、家のことに対する考え方がポジティブなこと。毎日の家事や雑用でさえ楽しんでしまう。

アフォメーションで自分をポジティブに

アフォメーションというのは、自分に向かってポジティブな言葉を唱えること。

「どうせダメだ」なんてネガティブな思い込みを抱いたり、ノイローゼみたいにくよくよと思い悩んだりしない。それは、シックでいるためのとっておきの秘訣なのだ。

他人を変えようとするのはシックじゃない

「他人を自分の思いどおりに変えようとしてはならない。変えられるのは自分だけ」と自分自身に言い聞かせれば、人生はもっとラクになる。

暮らしのヒントがたくさん載っていてワクワクします。
まずはぜひ、1作目から読んでみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、社会人5年目。 わたしの本棚 ライター よく読むジャンル:恋愛、ミステリー、ビジネス、自己啓発、エッセイ 好きな作品:唯川恵、林真理子、さくらももこ、東野圭吾、はあちゅう作品(敬称略) 本の街、神保町周辺でOLとして働いています。 読書と本屋をめぐるのが大好きです。