ほっこり、電車の中で奇跡がおこる。有川 浩 著 『阪急電車』

有川浩さんの『阪急電車』を久しぶりに読みなおしました。
ほっこり癒される、週末の朝に読みたい本です。

こんにちは、tsuki(@tsuki1188)です。
この本を初めて読んだ時には、ちょうど失恋(また失恋の話…)したばかりで、とあるシーンで涙が出たのを思い出し、しみじみしました。

created by Rinker
幻冬舎
¥586 (2019/11/21 15:44:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

阪急電車のあらすじ

 

関西の阪急今津線というローカル電車が舞台です。各章が、宝塚駅、小林駅、というように今津線の駅名になっています。

登場するのは、恋の始まった男女、暴力彼氏と別れたい大学生、恋人を取られた美女、おばあちゃんと孫娘などなど。

電車なので、いろいろな人が乗ってきます。
人々の人生が電車を通して交差し、日常の中に小さい奇跡やドラマが生まれていく物語です。

 

純白ドレスの美女に、泣きました

 

宝塚南口駅で乗車してくるのは、引き出物を持った純白ドレスの美女。

お分かりだと思いますが、人の結婚式に白いドレスで出席するのはタブーです。

彼女、婚約者を同僚に寝取られてしまい、式に討ち入りをしに行った帰りでした。

婚約破棄された美女、というのもショッキングだし、白いドレスで式に出席もなかなかできることでは無いので、彼女のストーリーは本書の中でもとくに印象深かったです。

美女は電車の中で、事情を察した女性に話しかけられます。こういう時に人がかけてくれる言葉って温かくて、じんと心に染み入ります。

私も失恋時期だったので、その会話に思わず涙してしまったことを覚えています。弱っている時に、優しく手を差し伸べてくれる人は温かく、励みになりますね。

電車での出会いをきっかけに、最悪の状況から脱しようと前を向く美女の姿に、すごく勇気をもらえました。

 

最後に

 

舞台が電車の中なので、私たちの日常の延長にあるような物語でした。

普段の電車の中で、他人に話しかけたりしないですが、ふとしたきっかけで同じようなドラマが生まれるかも…。

阪急今津線に、いつか乗ってみたいと思うようになります。

ほっこりした優しい気持ちになれる本です。内容も面白く、おすすめします!

created by Rinker
幻冬舎
¥586 (2019/11/21 15:44:56時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、社会人5年目。 わたしの本棚 ライター よく読むジャンル:恋愛、ミステリー、ビジネス、自己啓発、エッセイ 好きな作品:唯川恵、林真理子、さくらももこ、東野圭吾、はあちゅう作品(敬称略) 本の街、神保町周辺でOLとして働いています。 読書と本屋をめぐるのが大好きです。