【5月企画/名言特集】第126回直木賞受賞作品 唯川恵 著 『肩ごしの恋人』

5月企画の【名言特集】!
すーちゃんに続いて、tsukiがお届けします。

第126回直木賞を受賞した唯川 恵さんの肩ごしの恋人 (集英社文庫)

女性の本音と日常をリアルに写し、圧倒的な共感を集めた恋愛小説。
その中から、主人公「るり子」のこのセリフをピックアップします!

 

「それにね、私は自分が幸せになれないなんてどうしても思えないの。
だって私、いつだって幸せになるために一生懸命だもの。人生を投げたりしないもの。頑張ってるもの。そんな私が、幸せになれないわけがないじゃない。」

 

この小説では、性格も考え方も正反対だけど親友同士の、「るり子」と「萌(もえ)」が登場します。

「るり子」は、「あの顔に何人の男が騙されてきたか」と言われるほどの超美人。
三回の結婚をし、ブランド物を全身にまとう、誰よりも自分が大好きな女。

人の男は平気で取るし、自分勝手でわがままな「るり子」にはじめはムッとしながら読んでいました。

でもストーリーが進むにつれて、彼女がただの自惚れではなくて、実はすごく自分の人生に前向きで、一生懸命なことが分かってきます。

三度の結婚をしたるり子は、ついに三度目の離婚する羽目に。

仕事を探すも、年齢と経験不足のせいでなかなか見つからず、巣鴨の青果市場で働くことになってしまいます。

それでも全く人生を悲観しないるり子に、ゲイバーのマスター文ちゃんが、呆れた口調でこう諭します。

「あんた、自分の将来ってものをどう考えてるの?」
「結局は孤独に生きることになるの。老後はどうするの、路頭に迷うんじゃないの」

その言葉に対して、るり子はこう言います。

「ねえ、不幸になることを考えるのは現実で、幸せになることを考えるのは幻想なの?」
「先のことなんか誰にもわからない。幻想って言うなら、両方とも幻想でしょう。だったら幸福な方を考えていたいじゃない。その方がずっと楽しく生きられるじゃない」

 

この言葉から、冒頭で紹介した名言のセリフへとつづきます。
名言も、このセリフも、なかなか言えることじゃない!衝撃的でした。

るり子と萌は27歳。私も今、同じ世代です。

結婚とか仕事とか、将来とか周りの目とか、この時期の女性って、とぉーっても悩みが多いんです!

環境も変化してくるし、考えなきゃいけないことが山ほどある。

そんな悩みを抱えて先が見えないとき、不安でいっぱいなとき、つい不幸になる想像ばかりしてしまいませんか?

るり子はめちゃくちゃな女ですが、彼女なりに努力をして、こんなにも自分の人生にまっすぐ向きあって、自信を持って生きている。

だからこそ言える言葉なのかもしれません。それってすごくかっこいい。
応援したくなるし、幸せになってほしいと願ってしまいます。

 

こんな考え方ができるようになったら、もっと毎日を楽しめる気がする。

人生に一生懸命な人、頑張って生きている人に、この言葉を伝えたい!

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、社会人5年目。 わたしの本棚 ライター よく読むジャンル:恋愛、ミステリー、ビジネス、自己啓発、エッセイ 好きな作品:唯川恵、林真理子、さくらももこ、東野圭吾、はあちゅう作品(敬称略) 本の街、神保町周辺でOLとして働いています。 読書と本屋をめぐるのが大好きです。