野心と努力、高望みで人生は変わる。林真理子 著『野心のすすめ』

2018年NHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』の原作者でもある、林真理子さんの野心のすすめ (講談社現代新書)を紹介します。

私は仕事のモチベーションを上げたい時や、物事にやる気を出したい時、この本を読み返すようにしています。

林真理子さんはコピーライターを経て作家となった有名な方。
この本ではその生き方や、読者へのメッセージが「野心」を軸にして語られています。

created by Rinker
¥799 (2019/07/23 17:59:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

野心を持ちながら、試行錯誤の人生

 

「自分が過去にたくさん失敗したり、試行錯誤して生きてきたからこそ学んだことをお伝えしたい。」
今は大変有名な著者ですが、これまでに実にいろいろな経験をされています。

  • いじめられっ子だった中学時代
  • 不採用通知が40通以上届いた就職活動
  • 三流にどっぷり浸かった会社員時代
  • コピーライターから作家へと転身
  • 結婚、そして出産

 

決して最初から順調ではなかったものの、野心を持ち続けたことで新規まき直しをし、人生を好転させていきました。

何か気に入らない状況があったら、それをすっかり取り払うために、具体的なアクションを起こしてみる。手段はどうであれ、自分の力で自分の進路と人生を変えることができたことは、その後の私の大きな自信に繋がりました。

そんな著者の経験と、それをもとにしたアドバイスが、この本にはたくさん詰まっています。

野心はあっていい!

 

野心というと身の程知らずや厚かましいという、マイナスのイメージを持たれやすいかもしれません。
ただ、この本で取り上げられる野心とは「もっと価値ある人間になりたい」という健全でポジティブな心のことです。

健全な野心を持つことが人生をより良いものにする、と書かれています。

 

野心と努力のバランスが大切

野心が車の「前輪」だとすると、努力は「後輪」です。
前輪と後輪のどちらかだけでは車は進んでいけません。
野心と努力、両方のバランスがうまく取れて進んでいるときこそ、健全な野心といえるのです。

野心を持つことはいいことですが、それには同じくらいの努力も必要、とあります。
反対に、努力をするだけで野心が足りないのも、すごくもったいない。
ちょうどいいバランスを心がけることが大切です。

そして、野心と努力のバランスが良くなってくると、「運」も味方についてくるとのこと。

健全な野心を持っていれば、努力で実力がつくに従い、運やチャンスにどんどん恵まれていくのかもしれません。

やってしまった後悔、やらなかった後悔

なんといっても、私のモットーは、「やってしまったことの後悔は日々小さくなるが、やらなかったことの後悔は日々大きくなる」です。
取り返しがつかない、という意味では、やったこともやらなかったことも同じです。

この言葉、私にはとても響きました。

挑戦するリスクばかり気にして、行動が起こせないでいることが多かったのですが、「何もしないことにも同じだけのリスクがある」ということに気づかされました。
同じリスクなら自分の思った方に進みたい、と思うようになりました。

最後に

作者の人生経験が織り交ぜられた内容で、読んだ後は自分もやりたいことに挑戦したくなるような本です。

私はこの本がきっかけで、「自分のやりたいことに正直になろう!仕事をもっと頑張ろう!」と、前向きな思考を増やせたように思います。

結婚や仕事に関する、女性に向けたアドバイスも書かれており、いろいろなことを考えさせられました。

ぜひ読んでいただきたい、おすすめの一冊です

 

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

東京都出身、社会人5年目。 わたしの本棚 ライター よく読むジャンル:恋愛、ミステリー、ビジネス、自己啓発、エッセイ 好きな作品:唯川恵、林真理子、さくらももこ、東野圭吾、はあちゅう作品(敬称略) 本の街、神保町周辺でOLとして働いています。 読書と本屋をめぐるのが大好きです。