アマゾンがタンス?!『その落語家、住所不定。~タンスはアマゾン、家のない生き方~』立川こしら 著

こんにちは!住所のない生活にあこがれていた時期があります。さゆ(@sayuri7fujiwara)です。

立川こしら・・・師匠。真打・・・。

大変失礼ながら、真打でいらっしゃる「こしら師匠」を存じ上げませんでした。

立川志らく師匠のお弟子さん!

立川流一門は、型破りな方が多い印象がありますので、がぜん楽しみになってきました。

『その落語家、住所不定。~タンスはアマゾン、家のない生き方~』

 

車上生活のお坊さん。旅するライターやブロガー。

ミニマリストの本も多くなってきましたね。

そんな中、この本に目が留まったのは「タンスはアマゾン」このフレーズです。

 

「買い置きはしません!コンビニが私の備蓄倉庫!」

以前、流行っていたこの言葉を思い出しました。

懐かしいですね。

 

でも、あえて書きます。

最低3日分の食料・水・光源・着替えなど。

自宅に備蓄する時代です!よ?今は。

 

最近では令和1年9月の台風15号が、千葉県で大停電を引き起こしました。

2週間以上!電気が来ない。9月22日現在まだ、全復旧していません。

 

舐めたらいかん。です。

 

タンスはアマゾン?どういうこと?

 

正直にもうしあげます。

意味がさっぱり分かりませんでした。

 

アマゾンは、配達が早い。びっくりするほど早い。

でも、タンスはないでしょ?

と思いました。

 

お読みになると、わかっていただけると思いますが、

こしら師匠のこの方法は、あまり推奨できません。すいません・・・。

つまり、衣類の「脱ぎ捨て」です。

 

下着は海外の格安品を仕入れて、アマゾン倉庫へ預け、

必要に応じて、自分で課金して購入。

 

これを「手拭」にも応用していて、

自分でも手売り用に購入するけれど、

「一般の方が買ってくれても、うれしい!」そうです。

 

次の興行先へ配達してもらうとのこと。

 

服もしかり。

こちらは届いた服に着替えて、処分してしまうそうです。

 

商売道具の着物は?

 

着物も脱ぎ捨て???

 

なわけないですよね。

駅前の空調付き倉庫に、預けているそうです。

 

時々、着物を取り換えに倉庫に行くそうですが、

着物用の衣紋掛けに吊るしているので

しわもなく、いい状態が保てているとのこと。

 

やはり、全く「基地」がないわけではないのですね。

 

家のない生き方。若さと健康と行動力がものを言う?

 

私も旅しながら生きていきたい。

そうずっと思ってきました。

 

休みがなくても、仕事を楽しむタイプだったので

若いころはいろいろ、泊まり歩いたりもしていました。

 

でも、今は無理だな・・・。

 

行動力の有無も大きいですが、若さと健康があってこその

「住所不定」ですよね。

 

立川こしら師匠が、結婚・子育てをするようになった頃

その時こそ、どのようなライフスタイルになっているのかが、

とても気になります!

 

立川志らく師匠いわく、

「変な弟子だがやろうとしている事はまさに現在である」

今後もいろいろなライフスタイルの形を

本から学びたいな!と思っています。

 

みなさんも、自分とかけ離れた生活のあり方を

ちょっとのぞき見してみませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉県在住。難病失業者。 フリーアナ→消防設備士・事務→医療事務→診療情報管理士→難病患者 好きな作家:玉岡かおる、ちきりん 好きなジャンル:史実小説、恋愛、実用書、資格、社会保障制度 失業闘病中の50代です。自分の身の周りに関する本や、何かのきっかけで出会った本を読む事が多いです。気になると深みにはまります。
合わせて読みたいおすすめの1冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください