9月の読書記録

こんにちわ、すっかり秋も深まって来ましたね😊

毎月恒例となって来ました今月の読書記録です。

時間術大全: 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」

Googleとyoutubeという我々の時間を奪っている2大ツールに携わっていた著者が「時間を生み出す方法」を試行錯誤して87個見つけ、まとめた本。

気が散らないiPhoneの作り方や、集中して物事に取り組む方法など87個ものノウハウが描かれています。時間を生み出す術の組み合わせ方は無限大!

著者が長年かけて試行錯誤して見つけた技を私たちもまた試行錯誤して、自分だけの最高のスタイルを見つけていきましょう。

私はiPhoneのメッセージ系のアプリの通知を全てOFFにしました。(LINEもMessengerもメールも全部!)

あと、SNS系は画面のスワイプで一番最後のページに。うっかりTwitterタイムが激減しました!

M 愛すべき人がいて:小松成美著

大好き浜崎あゆみさんの事実に基づくフィクション。

この本を読んでからあゆの曲を聞くと「あれ、この歌詞ってもしかして・・・」って思うようになってしまいました。

ちょっと悲しい・・・><。。。

小松成美 著『M 愛すべき人がいて』

ついやってしまう」体験のつくりかた: 人を動かす「直感・驚き・物語」のしくみ:玉樹真一郎著

人はどうして「つい」何かをしてしまうのか、「つい」のめり込んでしまう仕組みを作るにはどうしたらいいのか、「つい」人に話をしてしまう体験の作り方とは?について学ぶことが出来る1冊。

元任天堂の企画担当者が明かすあのゲームのヒット作の裏に隠された「体験」のシステムとは!?

巻末には日常のビジネスシーンで、「体験」のシステムをうまく利用するにはどうしたらいいか?にまで言及してくれています。

この本自体が「つい」読み進められるように作られているので、「つい」ハマって読んでしまいます😊

私は私のままで生きることにした:キムスヒョン著

韓国で一大ブームとなっているこの本。カバーの絵が可愛いな、と思い手に取ってみました。

「お隣韓国のオハナシ」では片付けられない、現代を生きる人にとって自分を見失わないようにするための方法が書かれたバイブル書。

前述の「時間術大全」とこの「私は私のままで生きることにした」を同じ時期に読んだことによって「本当に私がやりたいこととは?」や「大切な時間をどう使うか?」を考えられた1ヶ月だったように思います。

RUN女子入門: 自分を変えるランニング:池田美穂著

運動の秋になりましたね!私は今年の4月から体力をつけるためにランニングをしているのですが、「走るだけだからね」とついつい自己流になってしまっていました。

なかなかタイムも伸びないし、走っていると苦しい・・・。ということでちゃんと基礎を学ぼうと手に取りました。

ランニングなんて・・・という方でも「やってみたい!」と思わせてくれるように本当に基本の基本から書かれていてとても勉強になりました。やはり自己流は危険ですね。

夢は皇居ランです!!(地方民の夢)

ゼロ・ウェイスト・ホーム ーごみを出さないシンプルな暮らし

先日盛大に家の断捨離をしました。(ゴミ袋大6袋)

その時に「なんでこんなにゴミがいっぱいあるの!!!!」と思い、そもそもゴミを出さないためにはどうしたらいいのか?を知るためにこの本を手に取りました。

家族4人で生活する著者が年間に出すゴミは1ℓの瓶1本に収まる程度というから驚き!

ものをいかにリサイクルするか、ゴミを未然に防ぐか、勉強になりました。

10月は・・・

最近「マインドフルネス」に関心があります。

私はフリーランスとして活動しているのですが、時間があればその分だけ予定を詰めてしまうんですね、悲しいことに。(いや、忙しいことはいいことだ!・・・アレ本当にそうかな・・・?)

ふと振り返った時に「アレ、何してた・・・?」って思うことが多いので、「今ココ」を大切にしていきたいと思います。

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,728 (2019/10/24 14:07:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,404 (2019/10/24 14:07:24時点 Amazon調べ-詳細)

この3冊を読んで「深み」について考えさせられたので、じっくり読書をして「実りのある秋」にしていこうと思います☺️

ABOUTこの記事をかいた人

わたほん編集者。子どもの頃から本が好き。日々の忙しさに負けて本から離れた時期もあったけれど、結局本に癒され、本に励まされ、本からたくさんのことを学び、立ち上がってきました。私である意味を、存在する意義を与えて教えてくれるのは本。軽めの本やビジネス本を好んで読みます。
合わせて読みたいおすすめの1冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください