8月読書の振り返り

こんにちわ、さっちーです!
今月も読んだ本をざっくり振り返る、というのをやっていこうと思います☺️

読書履歴をざっくり振り返ることで「そうそうこんな本読んだな」とか「これは大事だと思っていたな」と知識と経験の定着になるかな・・・と考えております。

ぜひお付き合いくださいませ✨

重力ピエロ

created by Rinker
¥767 (2019/09/17 22:21:02時点 Amazon調べ-詳細)

最近東野圭吾さんから伊坂幸太郎さんにブームが移りつつあります。

春と泉水の兄弟が謎の放火事件を追っていくストーリー。

物語の裏に隠された社会問題についても考えさせられる1冊です。

隠されたメッセージを集めて 伊坂幸太郎 著『重力ピエロ』

むらさきのスカートの女

第161回芥川賞受賞作品。

読み終わった後にスッキリせず、むしろモヤっとする今村ワールド前回のこの作品。

世にも奇妙な物語に出てきそうなお話です。

あの女の正体は!? 今村夏子 著『むらさきのスカートの女』

朝時間が自分に革命をおこす 人生を変えるモーニングメソッド

朝活が流行っていますが、実際早く起きても何やればいいの・・・?という人におすすめの1冊。

朝の1時間を使って人生を変えるために何をしたらいいのか、人生が本当に変わった著者が実践していた項目を解説しています。

わたしもこのモーニングメソッド、やっています!

開始して約1ヶ月、ちょっとだらけてきましたが『時間がない』と言い訳にしていたことを続けられているので達成感は非常にあります😊

読書する人だけがたどり着ける場所

created by Rinker
SBクリエイティブ
¥864 (2019/09/17 22:21:04時点 Amazon調べ-詳細)

個人的に著者の斎藤孝先生が大好きです。

今回はそんな斎藤先生が読書をテーマに本を執筆されていたので迷わず手に取りました。

「読書をするということはその本のワールドにどっぷり浸るということ。そしてそれがこの世の楽しみを広げてくれること」と書かれておりただ知識をつけるだけのビジネス書だけではなく、もっと人間力を深める読書をしようと思うようになりました。

ビジネス書だと得か損か、勝ちか負けか、きっちりと線引きをされてしまいますが、人生ってそんなに簡単に線を引かれて諦められるものではないですもんね。

成功や勝ち負けではない、「生きる勇気」「生きる深さ」を読書で学ぼうと思いました。

夢を叶えるゾウ3 ブラックガネーシャの教え

created by Rinker
¥1,314 (2019/09/17 22:21:05時点 Amazon調べ-詳細)

大好き夢を叶えるゾウの3作目。

今回のテーマは「商売・仕事」です。

商売とは?人に物を売るとは?仕事を作るとは一体何なのか。

一見正しそうな理論であっても実は人を欺いている行為になっているのかもしれない、ということに気付かせてくれる1冊でした。

「違うこと」をしないこと

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,512 (2019/09/17 22:21:05時点 Amazon調べ-詳細)

結構スピリチュアル寄りな1冊です。

実際に吉本ばななさんとゲストの対談部分は理解が難しい部分もあり、まだじっくり読み込めていません。

一方のばななさんの書き下ろしのエッセイ部分は「そうだよね、うんうん」と頷ける部分が多く、もっと直感を大事にし「何か違うな」のアンテナを磨いていこうと思いました。

お盆の帰省ラッシュの渋滞にハマっていた時に読んだ1冊。

 

ABOUTこの記事をかいた人

わたほん編集者。子どもの頃から本が好き。日々の忙しさに負けて本から離れた時期もあったけれど、結局本に癒され、本に励まされ、本からたくさんのことを学び、立ち上がってきました。私である意味を、存在する意義を与えて教えてくれるのは本。軽めの本やビジネス本を好んで読みます。
合わせて読みたいおすすめの1冊

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください