美しい恋愛小説 平野啓一郎 著『マチネの終わりに』

こんにちわ、さっちーです

こんにちわ、長かった冬もようやく終わりが見えてきて春の日差しを感じられるようになってきた今日この頃ですね。

今日はそんなポカポカとした春の日差しを感じながらゆっくり読みたい恋愛小説をご紹介させて頂きます。

マチネの終わりに / 平野啓一郎 ヒラノケイイチロウ 【本】

created by Rinker
¥1,836 (2019/05/22 10:55:41時点 楽天市場調べ-詳細)

※本の内容・ネタバレを含みます。

登場人物とあらすじ

・蒔野聡史…若い頃からその才能で聞く人を魅了する天才ギタリスト、38歳・独身。

・小峰洋子…通信社に勤務するジャーナリスト。海外での職務が多い。40歳のアメリカ人の婚約者がいる。

・三谷早苗…蒔野の演奏に一目惚れし、ファンになる。その後蒔野のマネージャーになり、彼と行動を共にするように。30歳・独身。

 

とある蒔野のコンサートの打ち上げで蒔野と洋子は出会う。一緒に過ごした時間はほんのわずかながら一気に2人の距離は縮まりお互いを意識するように。

出会った当初、婚約者がいたものの、蒔野の強い思いに惹かれ一緒になることを決意した洋子。

蒔野が暮らす日本で久しぶりの再会となるはずが、マネージャー三谷の手によって2人運命の歯車が狂って行ってしまう・・・。

連絡が途絶え、それぞれの道を歩く蒔野と洋子。2人がまた笑って出会える日は来るのだろうか。

大人の恋愛って素敵

純恋愛をテーマにした作品をこれまでに何冊か読んできましたが、ここまでグッと胸を掴まれる作品はありませんでした。

それは私が大人になり、結婚をし、世の中の様々なことがわかって来たからかも知れません。

大人になればなるほど、自分の気持ちより相手の都合や他人からの見え方を気にしてしまうんですよね。

それに「愛ってなんだろう」と考え込んでしまい「私がは前のめりになってしまっているのかも」と、相手が与えてくれた愛を素直に受け取らないことが増えてしまったからかも知れません。

海外で暮らす洋子と日本で暮らす蒔野が直接会って会話をしたのは3度だけ。

「あの時はその場の空気でそうなっただけなのかも知れない」と慎重になってしまう2人。

年齢を重ねるごとに恋愛に対して臆病に、しかし、この恋愛に自分の人生の勝負をかけるように大胆に、そんな2人の心の葛藤がとても心に響きました。

この世の勝者とは?敗者とは?

蒔野との関係を経ったのち、久しぶりに日本に帰国した洋子。

蒔野のコンサートが行われていると知った洋子はチケットを手に入れ、会場へと向かう。

しかし、マネージャーの三谷(蒔野の妻となっている)が洋子を発見。

三谷は洋子をカフェへと誘う・・・。

そのカフェで三谷は洋子に聖書の一部についての解釈の意見を求める。

一行が歩いて行くうち、イエスはある村にお入りになった。

すると、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。彼女にはマリアという姉妹がいた。

マリアは主の足もとに座って、その話に聞き入っていた。

マルタは、いろいろのもてなしのためせわしく立ち働いていたが、そばに近寄って言った。

「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、何ともお思いになりませんか。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」

主はお答えになった。

「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」

ルカによる福音書 一〇章三八―四二節

きっと三谷はこの一説を

キリスト…蒔野
マリア…洋子
マルタ…三谷

と想定して考えたのでしょう。

どうして蒔野のために一番尽力しているはずの自分が、選ばれず、何もしない洋子が蒔野に選ばれるのかと。

何もせず蒔野の側にいられる洋子の気持ちを皮肉って聞いてみたかったのでしょう。

このマリアとマルタに関する洋子と三谷の意見のやりとりを聞いていると、それぞれにキリスト(蒔野)へ対する思いがあるんだなと感じました。

どちらの愛情表現が素晴らしい、ということはありませんがこの世を側から見たときの「勝者」と「敗者」を見たような気がします。

マチネの終わりに、映画化決定

この物語を通して伝わって来る甘美な世界が、この秋映画となって公開されます。

天才ギタリスト・蒔野を演じるのは福山雅治さん、そしてヒロインは石田ゆり子さんに決定しています。

この2人が向かい合っている姿だけでもとっても美しいですよね。

個人的にはマネージャーの三谷のキャスティングがまた発表されていないので、誰が来るかな?とわくわくしています。

2019年秋に公開予定となっており、話題作になること間違いなしです!

ぜひ原作を読んで先にマチネの世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

『マチネの終わりに』特設サイトはこちらから!!

マチネの終わりに / 平野啓一郎 ヒラノケイイチロウ 【本】

created by Rinker
¥1,836 (2019/05/22 10:55:41時点 楽天市場調べ-詳細)