2019年本屋大賞候補作。伊坂幸太郎 著『フーガはユーガ』(ネタバレ有り)

こんにちわ、さっちーです

こんにちわ。巷ではインフルエンザが猛威を振るっていますね。

私は今のところ無事なのですが、皆さん大丈夫でしょうか…?

どうか皆様体調管理にはくれぐれもご注意くださいね!

今日ご紹介する1冊は伊坂幸太郎さんの新刊『フーガはユーガ』です。

先日2019年の本屋大賞にもノミネートされたこの1冊。本屋大賞の発表は4月なのでそれまでに気になる1冊があったらぜひチェックしてみてくださいね。

created by Rinker
¥1,512 (2019/02/22 10:49:23時点 Amazon調べ-詳細)

そもそも本屋大賞とは…?

本屋大賞とは、書店員が選ぶ「一番売りたい本」を選ぶコンテストのこと。

書店の皆さんが各々「面白かった」「お客様にオススメしたい」「私の本屋さんにもぜひ起きたい」と思う本を選びます。

この大賞で投票出来るのは書店員のみ。

一般ユーザーや作家さん、編集者さんたちは投票が出来ません。

普段本を扱っている書店員のみが投票出来るとあって、過去の受賞作やノミネート作品はどれも秀逸揃いです。

過去の受賞作品

今年で15回目となる『本屋大賞』ですが、過去の受賞作品を見て見ましょう。

・蜂蜜と遠雷/恩田陸(2017年大賞)

created by Rinker
¥1,944 (2019/02/22 10:49:24時点 Amazon調べ-詳細)

・君の膵臓を食べたい/住野よる(2016年2位)

created by Rinker
¥720 (2019/02/22 10:49:24時点 Amazon調べ-詳細)

・火花/又吉直樹(2016年10位)

created by Rinker
¥626 (2019/02/22 10:49:24時点 Amazon調べ-詳細)

名作揃いで頷ける内容となっています。

今年もノミネート作品10作品が公開されました!皆さんの好きな本はランクインしているでしょうか?

2019年本屋大賞ノミネート作品一覧

双子×誕生日×瞬間移動(ネタバレ有り)

今回本屋大賞にノミネートされた伊坂幸太郎さんの「フーガはユーガ」。

一見タイトルだけ聞くと「???」と思いますよね。私も思いました。

優雅?フーガ?トッカータとフーガのフーガ?…???と。

この本のタイトルにもなっている「フーガ」と「ユーガ」は主人公である双子の名前となっています。

普通の双子として生まれたフーガとユーガ。

しかし彼らには普通の人間では想像も出来ない驚くべき秘密が…。

それは毎年の彼らの誕生日、ある一定の時間になると2人が入れ替わってしまうと言うこと。

誰にも知られてはいけない秘密を持ってしまった2人は、この能力とどのように付き合い、能力を使っていくのでしょうか…?

ユーガの思い出と共に進んでいくこの物語。

フーガとユーガ、幼い2人はそれぞれの心に葛藤を抱えながら毎日を過ごして生きます。

やり場のない悲しみや苛立ちを抱え「2人で1つ」と支え合って生きてきたこれまでを振り返ります。

そして迎える衝撃のラスト!ページを捲るドキドキ感をぜひご自身で体験して頂きたいです。

created by Rinker
¥1,512 (2019/02/22 10:49:23時点 Amazon調べ-詳細)
お仕事のご依頼などはこちらから👇
長谷部さちこの書評ページ

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県在住、フリーランス1年目。 よく読むジャンル:ミステリー、ビジネス、自己啓発、エッセイ 好きな作品:東野圭吾、宮部みゆき、はあちゅう、水野敬也作品(敬称略) 本と美味しいものが大好き。 本が紡いでくれる素敵な本、人との出会いを大切に。