1日を25時間にする生活とは? DaiGo 著『自分を操る超集中力』

こんにちわ、さっちーです

こんにちわ。先日待ちわびていた松島の紅葉を見に行って来ました。

時期が少しずれてしまって、少し枯れ気味の木々もありましたが、平成最後の秋を満喫するには十分すぎる見事な紅葉でした。

こちらはライトアップされた紅葉が池の水面に反射し、鏡の様に見える鏡池。

いったいどっちが本当の世界なの?と一瞬戸惑ってしまうような、そんな不思議な体験が出来ました。

不思議な体験と言えば、時間を忘れて何かに没頭した経験って皆さんにもあるかと思います。

「気付いたらもうこんな時間?」と思う時もあれば「まだ10分しか経っていないよ〜」っていう時もありますよね。

時間は一定で流れているのにも関わらず、j時間軸が伸び縮みしているかのような不思議な感覚になります。

この不思議な感覚の正体はそう、集中力!

この集中力、トレーニングすることによって誰でもいつでも発揮出来るようになるのだとか。集中力を鍛えると1年を13ヶ月にするくらい高濃度の毎日を送れるようになれるそうです。

今週はメンタリストとして有名なDaigoさんの「自分を操る超集中力」という本についてご紹介させて頂きます。

created by Rinker
¥1,248 (2022/08/13 00:16:04時点 Amazon調べ-詳細)
さっちー
カバーのDaigoさんがイケメンでつらみ…
あわせて読みたいDaigoさんの書評
👉 週40時間プラスの自由時間をつくる!メンタリストDaiGo 著『超時間術』
ライター・ゆうゆう

集中力の源となるのは前頭葉のウィルパワー

我々の脳の中に前頭葉という部分があり、ここで思考や感情をコントロールしています。この思考や感情をコントロールする力が「ウィルパワー」です。

このウィルパワーには一定の量があり、集中力を使うと少しずつ消耗していきます。

しかもこのウィルパワー、何も集中力発揮した時のみに消費されるのではありません。

何かを選ぶ時、その時にも大切なウィルパワーが使われてしまうのです。

例えば「今日のランチは外に行くか、それとも時間の節約でコンビニにするか…」

こんな些細な考え事でも貴重なウィルパワーはどんどん減っていき、本当に手中力が必要となる午後の会議までにウィルパワーが底をつきてしまう…なんてこともあるようです。

本当の人間の疲れは○○によって引き起こされる

さっちー
そろそろネイルが伸びて来たな…。サロンにいかないと。でももう1週間くらいならなんとか大丈夫そう。

こんな風についつい結論を後回しにしてしまうことってありますよね。

この「後回し」が疲れを引き起こす本当の原因だとDaigoさんは本書の中で述べいます。

物事を「先延ばし」にしていると、無意識の中で気にした状態が続き、ウィルパワーが垂れ流しの状態で減っていってしまうのです。

ー「ネイルサロン、いろいろ探してみたけど、どれもピンと来ないな。この店でもいいけど、デザインが微妙なんだよなー。やっぱまた来週にしよっと」とさっちーはスマホの画面をTwitterに切り替える。(小説風)

「…何もしていないのに疲れたな…」これこそがウィルパワー垂れ流しの実態!!

人は行動ではなく、「意思決定」で疲れてしまうのです。

***

集中力を保つ理想の生活とは?

この貴重な貴重なウィルパワー。ちゃんと大事な時に使えるようにとっておきたい!

そう思われた方もいらっしゃるかと思います。

この本ではウィルパワーをなるべく消耗しない秘訣や、日常の中でウィルパワーを補給する魔法のような方法についても述べています。

どのようなものを食べたらいいのか、睡眠はどのように取るのがベストなのか。そんな疑問についてもDaigoさんが答えてくれていますよ。

集中力を生み出す時間術

この本のメインディッシュといえばDaigoさん直伝の時間術ではないでしょうか。

みなさんきっと時間を有効に使いたいと思っていますよね?

この本の中では時間術として

1、超早起き
2、ポモドーロテクニック
3、ウルトラディアンリズム
4、アイビー・リー・メソッド
5、スケジュールに余白をつくる

の5つを紹介しています。

この中で私が気になったのは「2、ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニックとは時間を25分の作業時間の後、5分休憩する、これを1セットとして仕事を進めていくというテクニックです。

大事なのは25分の作業時間であれもこれもと欲張らずに1つのことだけに着手するということ。

さっちーがポモドーロテクニックをやってみた

大抵の作業は25分で終わることが少ないので「あぁ、もう25分経ったんだ」とびっくり。

25分が経過すると、タイマーが鳴り「もうちょっとやりたいな」「あと少しなんだけどな」と思うことが多かったです。

Daigoさん曰く、この「もうちょっと…」という気持ちが休憩を挟んだ後の作業時間の集中力の起爆剤となってくれるようです。

私は休憩の5分でぱぱっとお風呂掃除をしたり、お米を研いだり、ゴミをまとめたりと細々した家事をやっていました。

私がやらないといけない家事ってほぼ5分以内で終わることばかり。

ポモドーロテクニックを使ってからは「今日あれしたかったんだけどな…」というがっかり感が減った様に思います。

集中力を鍛えて毎日の濃度を濃くしよう!

私は今後もこのポモドーロテクニックを引き続き日々の中で取り入れていこうと思います。

このポモドーロテクニックの他にも真似したい時間術や生活の知恵がたくさんあるので集中力を鍛えて毎日の時間の濃度を濃くしていきたいと思います。

 

***←25分でここまで作業しました!という合図。
そう!この記事もポモドーロテクニックを使って書き上げました。

この記事は3ポモで完成です♪
(3ポモ目は推敲の時間でした。)

さっちー
3ポモで記事完成って早いのかな、遅いのかな…??
created by Rinker
¥1,248 (2022/08/13 00:16:04時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

わたほん編集者。子どもの頃から本が好き。日々の忙しさに負けて本から離れた時期もあったけれど、結局本に癒され、本に励まされ、本からたくさんのことを学び、立ち上がってきました。私である意味を、存在する意義を与えて問いを投げかけてくれるのは本。