綺麗なお部屋で新年を! 勝間勝代 著『勝間式!汚部屋脱出プログラム』

こんにちは、さっちーです

悲しいことに急性腎盂炎になり病に伏しておりました…。病に伏す前、なんとなく体調が悪くなってくると無意識のうちに家事がしたくなくなり、部屋の中が次第に荒れてしまいました。そして病院に行こうにも「あれ?お薬手帳どこに行ったんだろ…」と体が重いのに部屋の中を行ったり来たりする始末。

このままではまずい!と思い、体調も回復傾向にある今、この本を手に取りました。

勝間勝代さんについて

勝間勝代さんのことは皆さんどこかで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

以前はTVなどにも積極的に出演されていましたが、最近はご自身のコミュニティ「勝間塾」などに専念されているようです。

勝間塾ですが、メルマガは無料で購読出来るので勝間さんの頭の中を覗いてみたい人はぜひ!

メルマガだけでも膨大な情報量が発信されており、勝間さんの研究熱心な姿に毎回感銘を受けております。

汚部屋脱却プログラム!

この本は大きく分けて4部構成となっています。

第1部では勝間さんがどうして汚部屋を整理整頓するのに目覚めたのか、その経緯と心の動きについて。そして断捨離をして得たメリットについて解説しています。

第2部では「どうしてものが捨てられないのか」という問題について切り込んでいます。ついしてしまう「まとめ買い」、実はとっても非効率なんですって。本当の「ものの価値」とは一体何か一緒に考えてみましょう!

そして第3部では実際のシーン別(部屋別)にわけた断捨離の仕方について勝間さんが徹底解説。断捨離が続く(実感が湧きやすい)順番など目からウロコの情報がたくさん!

第4部では綺麗になった部屋をどのように維持していくか、そのメソッドを公開しています。一度綺麗になっても一過性のものにしてしまったらもったいない…。お薬と同じくこの本も最後まで読みきっていい流れを循環させていきましょう!

さっちーの心に残った一文

「愛用品はボロボロ、使わないものはスペース占有」

私のクローゼットはいつもピカピカよ♡という人はほんの数%だと思います(さっちー調べ)

何を隠そう私も普段愛用しているお洋服はクローゼットまでたどり着くことがなく、手軽なラックに放置されています。そしてクローゼットには「いつか着ると思う」で買った洋服たちが新品同様のまま並んでいます。

いつも愛用している服は使用頻度も高いので使用感が出て、本来愛用品の方を大切に保管するべきなのにまったくその逆のことが起きている始末…。

一番ドキっとして、一番「汚部屋脱却したい」と思った瞬間でした。

さいごに

もう1が月と数週間で2018年が終わります。

12月に入ると大掃除の時期になりますね。でも12月、何かと忙しくバタバタしてしまうので今から前倒しでお掃除初めて行きましょう!

さっちーも頑張ります、みなさんも綺麗なお部屋で新年を迎えましょう!

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

宮城県在住、フリーランス1年目。 よく読むジャンル:ミステリー、ビジネス、自己啓発、エッセイ 好きな作品:東野圭吾、宮部みゆき、はあちゅう、水野敬也作品(敬称略) 本と美味しいものが大好き。 本が紡いでくれる素敵な本、人との出会いを大切に。