死と向き合い、生を見つめ直す。坂井希久子 著『妻の終活』

こんにちは、すーちゃんです。

Twitterで見たときから、前々から気になっていた小説。

『妻の終活』を読みました。

今回、紹介させていただきます。

created by Rinker
祥伝社
¥1,540 (2020/09/27 11:24:03時点 Amazon調べ-詳細)

坂井さんの小説は、今までもいくつか読んでいました。

特に心に残っているのは『ウイメンズマラソン』ですね。

いつか、わたしもマラソン挑戦したいと思ったことを覚えています。

本作に関するインタビュー記事

https://www.sankei.com/life/news/191117/lif1911170020-n1.html

あらすじ

まもなく七十歳になる一之瀬 廉太郎は定年まで勤めあげた製菓会社で嘱託として働いている。

家事や子育ては二歳下の妻 杏子に任せきり、仕事一筋で生きてきた。

ある日、妻から病院の付き添いを頼まれるがにべもなく断ってしまう。

妻の頼みごとなど、四十二年の結婚生活で初めてだったのに。

帰宅後、妻は末期がんで余命一年と宣告されたと告げる。

呆然とする廉太郎に長女は「もうお母さんを解放してあげて」と泣きながら訴えるのだった―。

余命一年を宣告された妻が、夫に遺す“最期のしごと”とは―。

結婚四十二年、仕事一筋の男と家を守ってきた女。残された時間をどう生きるべきか…。

Google Books より)

余命1年を受け入れるということ

余命を告げられたあとも、廉太郎はなかなか杏子の病状を受けいれられず、杏子と娘たちが楽しそうに過ごすことにも苛立ってしまう。

「だって、お前たちがあまりにも呑気で」
「この先、いつまで美味しいものが食べられるか分からないでしょ。銀座だって、あと何回行けるか分からない。だから今のうちにと思ったの」
しかし、杏子が1年後に亡くなったときに、廉太郎を守れる者はいない。
娘にも頼れない。杏子はいない。
そして、家事もなにもできない廉太郎に、杏子は家事を仕込みます。
「私は今、猛烈に反省しているんです」
(中略)

「あなたがこんなになにもできない人になってしまったのは、きっと私のせいなんですね」

「治らないんですってば。何度言えば分かるんですか!」
(中略)
「私がいなくなったら、あなたの健康を守れるのはあなただけなんです。娘たちに迷惑はかけられないでしょう?」
廉太郎は家事を覚えながら、家族とのわだかまりのようなものをほどいていきます。

廉太郎から読み取れる、昭和の男性像

廉太郎は特に、昭和の世代の男の人をそのまま映したかのように、描かれます。

孫が杏子の病気のためにヘアドネーションをしようとして、
髪を伸ばしていたら「男なのにそんな髪伸ばして!恥ずかしくないのか!」。

こういったところです。

先程のインタビューの中に、廉太郎のモデルは坂井さんのお父様と書かれていたので、こういったところもお父様の影響があるのかもしれません。

廉太郎と次女・恵子の会話が印象的です。
「男ってのは、心の中で思っていることをそう易々と口にはしないもんだ」

「うん、たぶんそう言われて育ったんだよね、お父さんは」

「きっとさ、お父さんが心の中で思ってるだけの言葉って、言ってあげると喜ぶ人がいるよ。だからちゃんと、言ってあげなよ」

エンディングノート

本作の中では、エンディングノートのお話がでてきます。
終活という言葉はもう、聞き馴染みもありますが、自分の身辺整理には大切な手段だと気づきました。
「たとえ短い時間でも死と向き合い、生を見つめ直していただく。苦しいかもしれませんが、人間らしい最期を迎えるには、大切なプロセスです」

祖父の葬儀

私事にはなりますが、先月、地元で母方の祖父の葬儀がありました。

祖父は94歳で他界しました。

70年以上八百屋を営み、倒れるその日まで働いていたそうです。

今年の年明け、1度だけ祖父母に会いに行こうとして、母と向かったのですが、タイミングが悪く会えませんでした。
だから、わたしと祖父が最後に会ったのは、お盆まで遡ることになります。

年明けに、どうにか、もう一度会っておけばよかった。

本当に優しくて、博識で、孫に甘い祖父でした。

祖母の足の調子が悪くなり、90歳を越えて初めて家事をやったという話を叔母から聞きました。

廉太郎が家事を覚え始めたシーンを読みながら、そのことを思い出しましたね。

葬儀のシーンは特に、祖父の葬儀のことを思い出して、つらくなりました。

本作を読みながら、祖父のことを思い出さずにはいられないくらい、ある意味タイムリーな小説でした。

祖父がこの場を設けた理由

お通夜のあとに聴いたお話が、とても心に響きました。

「故人がこの場を設けたことは、生と死について見つめ直す機会を与えてくれたということ」

杏子の余命が宣告された日から、廉太郎を含めた家族は、生と死について考えさせられたはず。
死別は悲しいけれど、こういう場を与えてくれた祖父に感謝します。
分かった。俺はこの感情を一人でじっと抱きしめて、残りの生をまっとうするのだ。寂しく、幸せに、お前が「もういいわよ」と迎えに来てくれるまで。

と、廉太郎が悟るように、残された人間は生をまっとうするしかない。

いま隣にいてくれる人がいることも、自分や家族が元気でいることも、決して当たり前ではない。

廉太郎はそれに気づけてよかったです。

こんなご時世だからこそ、いま、元気に生きていられることに感謝して、日々を過ごしていきたいと思います。
created by Rinker
祥伝社
¥1,540 (2020/09/27 11:24:03時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1992年、愛媛県西条市生まれ/新居浜市育ち。愛知県名古屋市在住。 『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。 辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 読書の他に、旅行、アルトサックス、お菓子作りも好き。