なぜサンタは男性なの?東野圭吾 著/杉田比呂美 絵『サンタのおばさん』

こんにちは!すーちゃん(@suexxsf)です。

世間はクリスマスですね。
あと1週間で2018年も終わっちゃうとは、あっという間ですね…

クリスマスらしい本

やっぱりクリスマスならば、クリスマスらしい本の紹介をしたくなりました。
(何より、前回の書評が無駄にディープで、結構 力を使ったので、今回はやわらかい雰囲気にしたくなりました。笑)

以前、はなこさんが紹介していた、百田尚樹 著『輝く夜』も大好きなのですが、せっかくなので別の本をご用意しました。

はなこさんの書評はこちら。
『輝く夜』、クリスマスに読みたくなるのです〜!

クリスマスに向けて読みたい1冊。百田尚樹 著『輝く夜』

東野圭吾が描く、『サンタのおばさん』

東野圭吾 作、杉田比呂美 画『サンタのおばさん』です。

東野圭吾といえば、日本を代表するミステリー作家といっても過言ではないでしょう。
彼の小説はよく映像化され、人気が高いです。
そしてわたしも、中学生の頃から東野氏の作品をずっと読んでいる大ファンです。

※作家さんのことを「◯◯先生」と呼ぶのが個人的に苦手です。辻村深月さんも「辻村さん」と呼びます。
なぜか東野圭吾さんは「東野氏」。謎の語感と共に、東野氏呼びにハマっています。笑

created by Rinker
¥1,440 (2019/04/18 13:22:33時点 Amazon調べ-詳細)

この本は、絵本です。
絵がかわいらしい。
そして、タイトルの通り、「サンタのおばさん」の物語です。

サンタクロース会議

12月上旬、フィンランドの小さな村で、世界中のサンタクロースが集まる「サンタクロース会議」が開かれます。

世界中から集まるため、各国の事情もそれぞれ。

その会議のタイミングで、アメリカ代表のサンタクロースが世代交代となりました。
次代のサンタクロース候補は女性だったのです。

サンタクロースといえば、白い髭、白い眉。赤い帽子と赤いサンタ服。
そしてトナカイが運転する、ソリに乗って進むのです。

他のサンタクロースたちは、「サンタが女性?」と議論し始めます。
そんな中、アフリカのサンタクロースが、「自分は黒人だけどサンタになった」という話に…

そこで議長が一言。

「なぜサンタクロースは男性だと決めてかかるのかね」

固定観念に囚われていたこと

この絵本を読むまで、気づきもしませんでした。
固定概念に囚われ、新しい価値観を受け入れるのを拒んでしまうこと。

前例がないものについては、どうしても排除する力が働いているのが現実かと思います。
こうやって、多様性が受け入れられる世の中になってほしいな。
大人にこそ読んでほしいですね。

さいごに

昨晩は、サンタクロースたちが急ぎ足で、子供達にプレゼントを贈る日。
今朝は枕元に、プレゼントが届きましたでしょうか。

この書評を読んでくださった皆様にとって、素敵なクリスマスでありますように。

メリークリスマス!

created by Rinker
¥1,440 (2019/04/18 13:22:33時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

1992年、愛媛県生まれ。愛知県在住。『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 今まで読んだ本で1番好きなのは、辻村深月 著『子どもたちは夜と遊ぶ』。何度も読み返してるのは、同じく辻村深月 著『スロウハイツの神様』。初めて読んだ高校時代から現在も、わたしに影響を与え続ける、大切な作品たち。 読書の他に、アルトサックス、お菓子作りも好き。