人の感情を動かす強いコトバを作るために。佐々木圭一 著『伝え方が9割』

こんにちは。すーちゃん( @suexxsf )です。

皆さん、「伝え方がうまくなりたい」と思ったことはありませんか?
「何でうまく伝わらないんだろう」と悔しい思いをしたことはありませんか?

わたしはあります。何度もあります。
そのたびに、もどかしい思いをしていました。
そして、うまく伝えることができる人のことを、嫉妬していました。

同じ思いをしている人に、今日は『伝え方が9割』をご紹介します。

チームプレイについて

突然ですが、最近、特に仕事で「チームプレイ」について考えることが多いです。
わたし自身、昔から個人競技ばかりやってきました。
(やってきたスポーツはラケット球技ばかり。それと武道枠ですが弓道)

大勢で物事を進めることに慣れておらず、舵を取ろうとしては失敗。
そういう意味では、わたほん自体も、チームプレイ。わたしの中では、ある種の実験なのです。

言葉の質を高めたい

仕事で、チームとして何かを進めていくことに慣れておらず、付いていくことに必死だったこの3ヶ月。
転職して4ヶ月目に入った今、改めて「言葉の質」について考えていました。

わたほんで毎週書評を書いているときもそうですが、
仕事で同僚たちにお願いするとき、外部の方とお話しするとき、
つまりチームで物事を進めていくときに
もっとうまく伝わらないものか…と常に思っていました。

そして広告業界にいる以上、人の心に刺さるコピーを作りたい。そんな気持ちもありました。
そんな矢先、上司からこの本を借りました。

created by Rinker
¥1,400 (2022/08/18 07:05:24時点 Amazon調べ-詳細)

結論から言いますと、すごく良かった。
コピーひとつにこんな力があるとは思っておらず、また言葉そのものにこんなに大きな力があることに驚きました。

先日、ゆうゆうもキャッチコピーの本を紹介していたので、タイムリーですね…!→書評

人の感情を動かす強いコトバを作るために

本作には、「ノー」を「イエス」に変える技術や、それらの切り口、強いコトバ(特にキャッチコピー)の作り方、長文での応用などが紹介されています。

「ノー」を「イエス」に変える技術

その中でも、「ノー」を「イエス」に変える手法について、少しご紹介します。ステップとしては3つ。

  1. 自分の頭の中をそのままコトバにしない
  2. 相手の頭の中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる(※大事なことは相手の文脈でつくること)

相手をデートに誘うとき。ストレートに「デートしてください」でも良いけれど、勝率が読めないときや、断られそうなとき。このやり方の出番です。

相手の好きなことの切り口で「驚くほど旨いパスタどう?」と誘うとか、
選択の自由という切り口で「驚くほど旨いパスタか石窯のフォカッチャの店どっちがいい?」と誘うなど、
様々な応用を効かせることができます。

個人的に目から鱗だったのは、嫌なこと回避の切り口です。
チカンが止めるために「チカンに注意」というポスターを貼っていたが効果はなかった。
しかし、「住民のみなさまのご協力で、チカンを逮捕できました。ありがとうございました」という内容に変えたら、チカンが止まったとのことでした。

相手(=チカン)の頭の中を想像し、住民のチカンを止めたいという願い・チカンの逮捕されたくないという気持ちの、双方のメリットが生んだコトバだったそうです。

相手に届けるために作られたコトバ

「ノー」を「イエス」に変える技術の答えは、相手の中にあります。
(中略) 「お願い」は、あなたのコトバではなく、あなたと相手の共作なのです。

自分の気持ちを伝えることに囚われすぎて、相手の気持ちを考えていないのは意味がない。
コトバは相手に伝えるためにあるということ。
改めてそんなことを考えさせられました。

どのコトバが相手の心に響くのか、ということに、ここまで焦点を当てた内容を読むのを初めて。
どんどん日常生活にも、仕事にも取り入れていきたいです。
タイトルの『伝え方が9割』はマジでした…!

「何でうまく伝わらないんだろう」と悔しい思いをしたことがある方はぜひ、読んでみてはいかがですか?

created by Rinker
¥1,400 (2022/08/18 07:05:24時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

1992年、愛媛県西条市生まれ/新居浜市育ち。愛知県名古屋市在住。 『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。 辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 読書の他に、旅行、アルトサックス、お菓子作りも好き。