【夏の本特集】島で暮らす最後の夏。辻村深月 著『島はぼくらと』

7月の後半企画、「夏の本」特集。
何を紹介するか、めちゃくちゃ迷いました。
本棚とにらめっこして、「これ、舞台は夏だったはず」「いや、ホラーもありだ」みたいな、脳内会議を繰り返した末。

本日、わたしが推すのは、辻村深月 著『島はぼくらと』です。

 

『島はぼくらと』について

概要

2012年に『鍵のない夢を見る』という作品で、直木賞を受賞された辻村さん。
田舎でもがき苦しみ、戦いながら生きる女性を描いていました。

その受賞後第一作が本作。透き通るようにキラキラした青春。
これもある意味、島という田舎が舞台なのです。

同じ田舎でも、ここまでアプローチが変わるものか、とおもしろく感じます。
(その他にも『名前探しの放課後』や『太陽の坐る場所』『水底フェスタ』それぞれ雰囲気は違えど、地方都市が舞台なのは同じなので、良かったら読み比べてみてください)

本作は、雑誌ダ・ヴィンチの2013年8月号で「今月のプラチナ本」として紹介され、2014年の本屋大賞では第3位になりました。

特設サイト book-sp.kodansha.co.jp/topics/shimaboku/index.html 

あらすじ

舞台は、瀬戸内海に浮かぶ島・冴島。
本土にはフェリーで片道450円、20分ほどの距離。
島には高校がないため、同級生の朱里、衣花、源樹、新は、フェリーで本土の高校に通っている。

観光客が探す「幻の脚本」、シングルマザーに優しい島、母子手帳への想い、「兄弟」…
これが青春か!と思えました。瀬戸内海の島に行きたくなります。

母子手帳への想い

冴島はIターンの人をどんどん受け入れるが、島に生まれた子どもは、早ければ中学卒業と同時に島を出る。
それが当たり前で、遅いか早いかの話。

島の子どもは皆、いつかここを出て行くことを前提に育つ。

朱里たちが進学した高校に進学すればまだ一緒にいられるが、そうじゃなかったらお別れはすぐ。
その話を聞き、冴島ではオリジナルの母子手帳を作成されました。

母子手帳なんて、生まれて数年の記録くらいに思っていたのに、島を離れる子どもに、記念の儀式のように、オリジナルの母子手帳を持たせるというのはグッと来ました。
母子手帳に、そんな重みもそんな力もあるだなんて。

わたし自身、高校卒業のタイミングで実家を出て、早7年。
島の母親たちじゃないけど、やはり出ていく子どもへ思うことがあったのでは…と、親の気持ちを想像しました。
自分がいつか母親になる日が来たら、母子手帳にその子への想いを託したいとさえ思いましたね。

 

名言:「別れる時は絶対に笑顔でいろ。後悔することがあるかもしれんから」

これは新の父親の教え。
祖父との死別がきっかけのようですが、この言葉は本作の全編にわたってのテーマなのかもしれません。

特に、網元の家に生まれ育ち、冴島に残る衣花は、いつも送り出す側。

「寂しいとか、寂しくないとかじゃないよ。友達じゃなくなるわけじゃないし」

「寂しくないの?」と聞かれた朱里が、こう答えたのが印象的でした。

 

故郷が恋しくなる1冊

今回のテーマは「夏」でした。
本作の主人公にとっては、島で一緒に暮らす最後の夏。

彼ら、彼女らと一緒に駆けた夏は眩しく、とても愛おしい日々でした。
わたし自身も、故郷が恋しくなりました。

 

created by Rinker
¥770 (2020/07/08 02:05:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

1992年、愛媛県西条市生まれ/新居浜市育ち。愛知県名古屋市在住。 『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。 辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 読書の他に、旅行、アルトサックス、お菓子作りも好き。