恋はどうしてこうも、わたしを縛るのか。山本文緒 著『恋愛中毒』

こんにちは。すーちゃん(@suexxsf)です。

ものすごくプライベートな話をするのですが…(相手にはここに書くことについて、許可を得ました)

つい先日、お付き合いしていた人から、別れを告げられました。

なんとなく察していたから、やっぱりですかと思ってしまいましたが、電話で聞きながら大号泣。
あとから反省するぐらいには、お互い、言い合ってしまいました。
今年26歳になるというのに、本当に、大人げない。

それがたとえ3週間の交際だったとはいえ、思うことはあります。
少なからず、ショックでした。

「ここが嫌だった。気になった」と言われたことを思い出しつつ、いろんな感情をごちゃ混ぜにしながら、本棚から手に取ったのは、『恋愛中毒』でした。

 

 

『恋愛中毒』について

概要

本作は、1999年に吉川英治文学新人賞を受賞された作品。
調べてみると、2000年にはドラマ化もされていました。

かなり久しぶりの再読でした。
最後に読んだのは、学生時代だった気がします。

しかし、このタイミングで読むと、書かれていることが自分のことのようでした。
共感を通り越して、とても苦しかったです。

あらすじ

恋愛そのものにのめり込んでしまう水無月は、過去に離婚したときの傷をこれ以上広げまい、とある誓いを立てている。
そんな水無月の前に現れた、小説家・創路。
彼は、水無月の心の中に強引に入ってきた。
創路の愛人のひとりとなった水無月は、彼に振り回される日々が続くが、次第に相手も自分も縛ってしまう…

水無月が立てている、ある誓い

どうか、どうか、私。
これから先の人生、他人を愛しすぎないように。
愛しすぎて、相手も自分もがんじがらめにしないように。
(中略)
私が私を裏切ることがないように。他人を愛するぐらいなら、自分自身を愛するように。

冒頭に出てくる、この誓い。
読んでいて痛々しいです。けれど、わたし自身も、同じことを考えます。

「重い」のは、言われなくてもわかっているし、自覚しています。
けれど、どうしても止められない。こういう愛し方しかできない。
これは、依存なのでしょうか。

 

名言:「過去に“もしも”を持ち込むな」

本作の後半で、創路が水無月に訊ねるシーンがあります。

創路「考えたことあるか?どうして結婚までした男と、別れることになったか」
水無月「いつも考えてます。でも分からないんです」
創路「じゃあ、もう考えるのはやめろ。過去に“もしも”を持ち込むな」

いわゆる、「タラレバ」ですよね。
「あのとき、~していれば」という過去への願望は、タイムマシンが無い限り、動かすことができない。不動の事実です。

よく言われすぎて、陳腐な言葉になっていまいますが、変えられるのは現在と未来。
創路のこの言葉に、改めてそんなことを考えた次第です。

まとめ

たぶん、この恋は、「平成最後の夏の恋」になるのでしょう。
この夏は、転職したばかりの仕事と、読書に勤しもうと思います。

週末に十分落ち込んだので、あとは這い上がるのみ…!
また女子会では「恋愛って難しい…」と、毎度同じことを言いそうです(笑)

けれど、いつか良い人と出会えたら、そのときは少し周りを見渡して、同じ轍は踏まないように進めていかなきゃと思いました…!

created by Rinker
¥679 (2019/07/22 20:11:14時点 Amazon調べ-詳細)
合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

1992年、愛媛県生まれ。愛知県在住。『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 今まで読んだ本で1番好きなのは、辻村深月 著『子どもたちは夜と遊ぶ』。何度も読み返してるのは、同じく辻村深月 著『スロウハイツの神様』。初めて読んだ高校時代から現在も、わたしに影響を与え続ける、大切な作品たち。 読書の他に、アルトサックス、お菓子作りも好き。