【自己紹介】こんにちは、すーちゃんです。

こんにちは。
ゆうゆうから引き継いだ、自己紹介企画!
続きまして、すーちゃんがお届けします。

自己紹介

出身は、愛媛県東部(東予地方)。地元の有名なものは、お祭りと銅山かな。
そこで生まれて18年過ごし、大学進学で高知に4年間住み、就職で愛知に来ました。気づけば1人暮らしも8年目に突入。
新卒4年目の25歳。来月、転職します。

まず性質・性格としては、好奇心旺盛で、昔から様々なことに興味を持ちます。
「これ、おもしろそう!」と思ったものには、次の瞬間に飛びつかないと、そのときの熱と一緒に逃げられそうな気がしています…

その思考から、いつの間にか行動力が養われました。
たまにまだ、後先考えずに動いてしまうので、そろそろ年齢と体力を考えます。笑

比較的明るい性格。そして、好きなものには一直線です。

多趣味

趣味といえば、読書から始まり、旅行、献血、お菓子作り、アルトサックスなど、趣味は多いです。
・読書:この中でも1番長く続いています。
・旅行:愛知に来る前まで四国にいたので、西日本はほとんど制覇。
・献血:次回で記念すべき50回目…!大学時代、日赤関連のボランティアに奮闘していました。
・お菓子作り:ブッシュドノエルとモンブラン、今年中にリベンジ予定。誰か食べて。
・アルトサックス:社会人になって習い始め、ちょうど2年半。やっぱりかっこいい楽器。
・その他、字を書くことが好きです。毛筆、硬筆を教えてくれた父方の祖母に感謝。

本との出会い

書評ライターっぽく、本との出会いを語ります。
出会いがいつ、というよりも、気づいたときには本を読み始めていました。小学生の頃から、よく図書館に入り浸ってましたね。

その頃読んでいたのは、伝記や青い鳥文庫。
ふと調べてみたら、当時読んでいた『青い天使』をAmazonで見つけてびっくりしました。

中学生になり、近所のツタヤで文庫本を買ったのが、本の世界への入り口でした。
そのとき手に取ったのは、森 絵都 著『つきのふね』。


森 絵都さんの作品はどれも好きですし、ここが原点だと感じます。

『架空の球を追う』(書評→ https://mybookshelf.site/moonsita/2018/05/133/ )、『永遠の出口』、『DIVE!!』が特にお気に入り。『みかづき』は圧巻の一言です。

そのあとは東野圭吾さんや村山由佳さんなどの本を読み始めます。

運命の作家

高校2年生のとき、当時使っていたSNSのコミュニティーをきっかけに、辻村深月さんの存在を知りました。長編ゆえ積読にしていたデビュー作『冷たい校舎の時は止まる』を、テスト明けにふと読みだし、ハマりました。
辻村作品を片っ端から読み、大学時代には四国から、サイン会・オフ会・トークショー(ほとんど関東開催)に参加。好きになってもう9年ぐらい経ちますが、まだまだ好きなので、これは恋かな。笑

今のところ、わたほんでは
『スロウハイツの神様』https://mybookshelf.site/moonsita/2018/05/470/
『青空と逃げる』https://mybookshelf.site/moonsita/2018/05/312/
名言特集『東京會舘とわたし』https://mybookshelf.site/moonsita/2018/05/602/
この3作品を取り上げて、書評を書きました。まだまだ増やします!

辻村作品の魅力

いつかきちんと記事で書きたいですが、個人的に辻村作品の魅力は、下記の3つだと思います。

  1. 登場人物の心理描写がすごい(特に女同士、あと中高生の閉塞感)
  2. 鮮やかな伏線回収と、作品を越えて張り巡らされたリンク
  3. 清々しい読後感

辻村作品に何度救われたかわかりません。出会えて良かった。

最後に

自己紹介から、辻村深月作品の話になってしまいましたが…
ここまで辻村愛を語ってみたところで改めて思うことは、「自分が好きなものを、全力で好きだ!と声高に叫び続けること」の大切さ。

これからも、作家問わず、愛を持って書評を発信していきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

 

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

1992年、愛媛県生まれ。愛知県在住。『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 今まで読んだ本で1番好きなのは、辻村深月 著『子どもたちは夜と遊ぶ』。何度も読み返してるのは、同じく辻村深月 著『スロウハイツの神様』。初めて読んだ高校時代から現在も、わたしに影響を与え続ける、大切な作品たち。 読書の他に、アルトサックス、お菓子作りも好き。