「女による女のためのR-18文学賞」読者賞 受賞作。こざわたまこ 著『負け逃げ』

こざわたまこさんの『負け逃げ (新潮文庫)』を読んだ。

知ったきっかけはTwitter。
そして「女による女のためのR-18文学賞」の読者賞受賞作品と聞き、興味を持った。
そして帯では好きな作家が2人、絶賛している。気にならないわけがない。

地方で暮らす高校生。舞台は閉塞感に満ちた村。
田舎の窮屈さが文中からひしひしと伝わり、そこからどうにか逃げようとする彼らは、どこか痛々しくもあった。

「田舎」を描くこと

地方を舞台にした作品を読むのは、毎回とても力がいる。

村で何十年も暮らし、同級生と結婚した学校教員は、大学で1度東京へ行った同僚に「ちょっとねたましい」という言葉を放つ。
高校生は進路を考えながら、「東京と地元じゃ、もう完全に別の世界って感じだよな」と話す。

もちろん、東京は日本の中心地で、キラキラ輝いてて、地元とは違う。
けれど、この会話に出てくる〈東京〉はきっと、自分が行って目にした東京ではない。もはや幻想に近いだろう。

わたしも、地元を数年前に出たがゆえにわかる。
帰省したときに感じる負い目に似たものが、ここにもあった。

逃げているのは子供だけじゃない

村のしがらみで苦しんでいるのは、子供だけじゃない。
陰口や噂がすぐ広まるような小さなコミュニティーの村に何年も暮らしていて、結局逃げ場がないのは大人のほうだった。

村に染まってしまった大人たちを見ていると、これは呪縛ではないかと思う。
みんな、なにかに縛られている。

だから、ヒューズが飛ぶと、すべてを捨てて駆け出してしまう。
そんなの現実的じゃないのに。できっこないのに。

そんな中、作中の

「ふるさとは、捨てられないよ。自分が生まれた場所だから」

という言葉が、とても響いた。
やっぱり捨てられない。わたしも一生、ふるさとを捨てられない。

走り続けた先に見える一筋の光

解説の中で重松 清 氏は、著者の「大して不幸でもないくせに不自由しか感じていない」という言葉を、赤ペンで丸を付けたという。
田舎育ちの独特な感性で、うまいなぁと思った。

季節は春になる。
この村全員の男とセックスして、私を介してみんながつながっていたら、この村に復讐できると言っていた彼女も、少しずつ変わっていく。

その先に光があると信じて、人々が田舎でもがく、そんな作品。
いつの間にか、のめりこんで読んでいました。おすすめです!

ABOUTこの記事をかいた人

1992年、愛媛県生まれ。愛知県在住。『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 今まで読んだ本で1番好きなのは、辻村深月 著『子どもたちは夜と遊ぶ』。何度も読み返してるのは、同じく辻村深月 著『スロウハイツの神様』。初めて読んだ高校時代から現在も、わたしに影響を与え続ける、大切な作品たち。 読書の他に、アルトサックス、お菓子作りも好き。