生きるために、わたしたちは逃げる。辻村深月 著『青空と逃げる』

かがみの孤城』で2018年の本屋大賞を受賞した辻村深月さんの、『青空と逃げる (単行本)』を読んだ。

この作品を読むにあたって

大好きな辻村作品。
高校2年生のときにその名を知り、著作を一気に読んでハマり、そこから今日に至るまで、追いかけ続けている作家さん。

本作は、読売新聞に連載されていたということで、今回の書籍化はとても楽しみにしていた。
余談だが、本作の冒頭の舞台が高知県の四万十から始まると聞いたときは、大学時代に高知市から関東のサイン会に参加した甲斐あった!と思った。きっと刷り込み。

特設サイト http://www.chuko.co.jp/special/aonige/

親子の逃避行

深夜の電話。舞台俳優の父が交通事故を起こした、という一報。
同乗していたのは主演女優。そのあとに父が失踪。

母と息子は、見えない悪意やマスコミに追われることになり、周囲から好奇の目に晒されてしまう。
生きづらさが伝わってくる。
それに疲弊した2人は、夏休みに東京から逃げることを決意する。

四万十へ

母・早苗の旧友が住む四万十市へ、まずは2人で逃げる。旧友が働く食堂で早苗も働く。
そこでも追手はやってくる。「高知には、旦那さんとは一緒に来ていないんですか?」

東京で暮らしていたときにはできなかった自然と触れ合い、川で遊んでいた息子。
それなのに大人の事情で、理不尽に振り回してしまう。
母の悔しさが、文中からひしひしと伝わってくる。

家島

坂道と路地の街・家島。瀬戸内海に浮かぶ島で、次の暮らしを始める親子。
力は、その島で中学生の優芽と仲良くなる。

力が「離婚しないで」って親に言ってしまったと話したあとの、優芽の言葉が重くのしかかった。

「力がそう言ったからって、大人は自分が離婚したい時はするし、子どもの言うことなんか聞かないよ。力がどう言おうと、離婚したい時にはするよ」

 

別府での出会い

家島から、さらに逃げた先の別府で、早苗は砂かけさんとして働き始める。
温泉の砂かけをしながら、自分のこれまでを反芻する。

これまでいろんなことがあって、全部自分で決めてきてしまった。力に学校に行かなくてもいい、という選択をさせること、別府に来ること。

そこには、きちんと早苗に叱ってくれる職場の上司がいてくれた。

背負うものがあるということは、強い。
(中略)力がいるから、投げ出さずにいられる。自分にも、できることがきっとある。

早苗と力が逃げた先では、そこで出会う人々や自然、すべてのものが2人を包んでくれる。
別府のあとに行く仙台も含め、逃避先となった各地の描写が美しく、追われることでこわばっていた親子の心も、少しずつほぐれていく。

事件終盤

終盤、事件の真相がわかってからは、涙が止まらなかった。
ラストスパートの追いかけ方は、相変わらずのスピード感。

母と子が、お互いを想うがゆえに言えない、内に秘めてしまうような気持ちも丁寧に描かれていて、グッと来た。

「自分たちはいくらだって選べるのだと思う」

早苗のこの一言に、わたしはとても励まされた。

見えた青空

本作は簡単に、逃避行の物語とは言えない。
タイトルには「逃げる」とあるけれど、後ろ向きな意味ではないと思う。

生きるために逃げていたのだと、今になって感じる。

ある家族の再生を、読者として見届けることができてよかった。

「どうかこれからの道のりでも、青空が見られますように」

わたしも、それを切に願う。

 

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

1992年、愛媛県生まれ。愛知県在住。『わたしの本棚』ライター。 好きな本のジャンルはミステリー。読書歴は約10年。辻村深月、東野圭吾、森絵都、恩田陸、原田マハ、村山由佳作品をよく読みます。(敬称略) 辻村深月作品が特に好きで、情報収集や考察が日課。また、作品の舞台になった街へ赴く、聖地巡礼も楽しい。 今まで読んだ本で1番好きなのは、辻村深月 著『子どもたちは夜と遊ぶ』。何度も読み返してるのは、同じく辻村深月 著『スロウハイツの神様』。初めて読んだ高校時代から現在も、わたしに影響を与え続ける、大切な作品たち。 読書の他に、アルトサックス、お菓子作りも好き。