仕事と人生に効く!毎日を丁寧に過ごすための読書

こんにちわ。わたほん管理人のマコです。
障がいや難病のある児童をサポートするNPO団体を運営したり、企業のWeb課題を解決する会社を経営しています。

今日はずっと前から描きたかった、「読書」をテーマにしたエッセイです。
仕事人間のボクですが、仕事と人生を豊かにしていくには読書は不可欠だなと最近ますます思います。

そんな僕の読書術をまとめていきます。何かの参考になれば嬉しいです。

マコ@管理人

・読書は元々好き!
・昔はよく読んでいたけど、最近読む時間がない(( ;∀;))
・スマホでゲームやニュース読む時間が増え、読書をしなくなった!

という方に読んでもらえると嬉しいです!

読書を習慣にすると仕事も人生もうまくいく!

最近は多忙な毎日を送っています。忙しいとどこか心が乾いている、枯れている感覚に陥ります。
例えば、仕事中に、だれかから話しかけられても、愛想のない返事をしてしまったり、ちゃんと目を見て挨拶をするということがおろそかになってしまいます。経営者という立場上、意思決定を行うことが日常茶飯事ですが、その意思決定も間違った判断をしてしまい、うまく行かないことが増えたりします。
こういう時、視野が狭くなり、忙しなくなっているなと反省します。心に余裕がないんですね。だいたいこういう時、小さなミスやトラブルを犯してしまいます。

これらを解消する術として、僕は読書の時間を毎朝1時間つくることにしています。1日のうち1時間。きっちり読書します。どんな本を読むかはあまりこだわっていません。(雑誌や漫画は除く)
とにかく静かに、こころを落ち着けて読書に集中することが大事だと考えています。
静かに読書をすることを通じて自分の枯れた心に水をあげているイメージです。
この1時間をとることで心に余裕ができ、その日一日が楽しく、(精神的に)ゆとりをもって過ごせるようになりました。

本から得られる情報や楽しさよりも、「読書の時間」を持つこと自体が仕事や人生にいい影響を与えているのです。

忙しい人ほど読書する!

インターネットを世界に普及させた一人であるマイクロソフトの創業者ビルゲイツはどんなに忙しくても1週間で5時間は読書の時間をとっていたそうです。また高年収の方やビジネスの成功者は読書をする習慣がある人が多いというデータもあります。このように(仕事で)忙しい人ほど読書をしています。

僕は朝おきてすぐに読書をします。もうこれは習慣にしています。でも朝がいい、夜がいい、というのは人それぞれだと思うので特にこだわっていません。その人のリズムに合う時間帯でいいと思います。また、紙の本かKindleなどの電子書籍かもこだわっていません。僕は両方使います。家では紙の本、移動中はKindle・・・といった感じです。

大事なのは、「習慣化する」ことだと思います。僕は重要なことほど朝に行うことにしています。読書は起きてすぐする=最重要なことだと位置づけています。大事なことなのでもう一度言います。人生や仕事を豊かにするには読書を習慣化することです。

読むだけで終わるのはもったいない!?アウトプットするまでが読書

ここで1冊の本を紹介します。

created by Rinker
¥815 (2020/07/07 18:46:05時点 Amazon調べ-詳細)

藤原和博さんの著書「本を読む人だけが手にするもの」です。

この本の中で、本を読むだけで終わらせないという章があり、そこでこう書かれています。

ただ単に本を読んで、インプットすることだけをやっていても、読書の習慣は身につかないかもしれない。
(中略)
なぜアウトプットが大切なのかと言えば、本を読んで、それを「自分の意見にまでつなげることができる」
(中略)
まずは、本を読んで金銭に触れたフレーズをメモしてみたり、感想を人に話したり、ブログやTwitterやフェイスブックでおすすめ本を紹介するだけでもいい。
ただし、自分の言葉でである。そうすることによって、読書がもっと楽しくなり、好きになるはずだから。

これはまさにその通りだなと思っていて、僕は本を読んでいいな!と思ったことをノートに目盛ったり、ツイッターで書いたりします。そのなかでも特におすすめしたい本をこのわたほんで紹介するようにしています。
(わたほんで書評書いてみたい!という方はこちら

(参考)これまで僕が書いてきた書評一覧

(まとめ)豊かさは読書でできている

このように、決めた時間に読書し習慣化する→本から得たことや感じたことをアウトプットする、その際自分の言葉でアウトプットすることをお勧めします。

それはきっと仕事と人生の豊かさにつながるから。

created by Rinker
¥815 (2020/07/07 18:46:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

わたしの本棚 管理人。 1978年生まれ。京都生まれ東京在住。 大学卒業後、ITベンチャー企業の経営者 →2018年社会起業家へ転身 。 NPO法人アンリーシュの創業・代表。 好きな作家:村上春樹、平野啓一郎、石田衣良、西野亮廣、見城徹、 堀江貴文 他  
アマゾンウィッシュリストでは今読みたい本、お勧めされた本を掲載しています。皆様からの献本心からお待ちしています。