オンラインサロンも躍進中!西野亮廣 著『 魔法のコンパス 道なき道の歩き方』

こんにちわ!マコ@管理人です。

今日紹介する本は、先日ご自身のオンラインサロンが会員1万人を突破したキングコング西野さんのビジネス書です。

この本、「魔法のコンパス 道なき道の歩き方」は、2016年に発売されました。

それから2年たったのですが、ここに書かれていることに、ようやく社会が追い付いてきたという感じを受けます。

なので、発売当初に読んで「よくわからなった」という方でも、再読されることをお勧めします!

created by Rinker
¥1,528 (2022/08/13 01:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

マネタイズのタイミングを後ろにずらすのが西野流仕事術

お笑い芸人、絵本作家、イベント企画・運営、プロデュース業など幅広く活躍される西野さん流の仕事術が書かれていて興味深いです。

西野さんは「お金とは信用を数値化したもの」と定義されていて、本書では、「信用」と「お金」の関係性について記載されていることがかなり勉強になります。

仕事をするとき、「この仕事をするので、○○円もらう」という構図が一般的です。

しかし、今クラウドファンディングやオンラインサロン、投げ銭系やファンクラブ系サービスが社会に浸透してきています。

お金を集める方法が、従来より大幅に増えることになります。

そうなると、マネタイズポイントをどんどん後ろにした方が面白いし、結果的にそれの方が儲かる(可能性がある)ということなのです。

「働く→感謝される→お金を得る」というこれまでの常識をぶっ壊して、

「働く→感謝される→信頼を得る」が先。この時点ではお金をもらわない。

あえて、マネタイズポイント(お金をもらうタイミング)を後ろにずらすというのが西野さん流なのです。

 

「仕事になるまで遊べ」親なら子供にそう教えよう!

そもそも「好きなことで食っていけるほど人生は甘くない!」なんて傲りだよね。

たとえば、ロックンロールが好きだけど、それでは生活ができないから、しぶしぶ引っ越し屋さんで働くことにしたとする。

ただ、その世界には、”引っ越し業が好きで好きで好きでたまらない奴”がいるわけで、

じゃあ、しぶしぶ引っ越し業を選んだ人間がそんな奴に勝てるの?という話。

もし自分の子供が音楽やギターが大好きで、働きもせず四六時中ギター弾いてたら、あなたは子供になんていうでしょうか?

多くの親は、「趣味(遊び)はそこそこにしてちゃんと社会人として働け」というかもしれないですね。

しかし、実はそれ、逆でして、「遊び(ギター)が仕事(稼げるよう)になるまで遊べ」っていうのが西野さん流なのです。

理由はこれ。

嫌々働いてる奴が、その仕事が好きで好きでたまらない奴に勝つことはできないから。

created by Rinker
¥1,528 (2022/08/13 01:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

オススメはオンラインサロン西野亮廣エンタメ研究所にも入ってみること

この本を読んでみて、「言ってることはわかるけど、なかなかそうはできないよね」と思う方はけっこういるんじゃないかなと思うんです。

頭ではわかるけど、リアリティ(実感)がわかないっていう状態です。

僕は1回読んだときそういう状態でした。だからなかなか行動ができなかった。

でもそれを実際にやってしまうのが西野さんです。

そしてそれを毎日リアルに感じることができるのがオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」です。

月額1,000円で毎日、西野さんの考えや行動を吸収することができます。

読んでいるだけ(ROM専)でもOK!

何かを感じ取ってアクティブに活動するのもOK!

この本に書いていることを実際に行動されている人たちがたくさんいて、刺激をうけますし、

きっとリアリティ(実感)もわくと思うので、興味がある方はサロンに入ってみるのもいいかと思います。

 

11月に発売される新刊「新世界」もオススメ!

最後に2018年11月に新しいビジネス書が発売されるみたいです。

予約を開始していますので、こちらもチェックしてみてくださいね!

11月に出版決定!&ブログで「はじめに」が公開中!西野亮廣 著『新世界』

2018-09-08
created by Rinker
¥1,199 (2022/08/13 09:58:32時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

わたしの本棚 管理人。 1978年生まれ。京都生まれ東京在住。 大学卒業後、ITベンチャー企業の経営者 →2018年社会起業家へ転身 。 NPO法人アンリーシュの創業・代表。 好きな作家:村上春樹、平野啓一郎、石田衣良、西野亮廣、見城徹、 堀江貴文 他  
アマゾンウィッシュリストでは今読みたい本、お勧めされた本を掲載しています。皆様からの献本心からお待ちしています。