本日発売!最強の恋愛小説。竹宮ゆゆこ 著『あなたはここで、息ができるの?』

こんにちは、シオリ( @shio_bookmarker)です。

先日、お気に入りの本屋さんで
とても綺麗な装丁の一冊に出会いました。

それは、そらにきらめく流れ星のようで
わたしのこころにすっと飛んできました。

ー息をするのも忘れる疾走感に
抱えきれないほどの愛を詰め込んでー

そんな一冊をご紹介します。

created by Rinker
¥1,650 (2022/08/13 09:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

彼は何度でも繰り返す、彼女を救うために

悲惨な交通事故により、
暗い草むらで一人死に向かうララ。
そんな彼女の前に現れた彼、宇宙人。

チューブの繋がったマスクをして、
消毒液のような香りをまとった彼。

ララをずっと探していた宇宙人。
そして宇宙人をずっと待ってたというララ。

終わっていく世界を終わらせないために、
ふたりはあの日々に戻っていく。


彼は時を越え、あの青春の日々を繰り返す。
何度も、何度でも。

ー彼女を救うためにー

そしてララも、全身全霊をかけて叫ぶ。
彼を助けるために。

ああ、愛とはこういうものか。
時空を越え、死をも越えて響く 愛の咆哮。
命のきらめき。

 

どうか、この雨を覚えていてほしい。

 

どうか、この雨を覚えていてほしい。
ーー
雨の匂いがしたら私を探して。

主人公、ララの言葉。

わたしはこの言葉によって、
完全に物語の世界に落とされました。

彼女の切なる想いがのった言葉。

ララの美しく真っ直ぐな心が、
一番見えた気がします。

透明感溢れる彼女の口から、
こんな素敵な言葉を聞いてしまったら
もう忘れることなんてできないのではないでしょうか?

何も考えないで、読んで。

これは、わたしからのお願いです。
書評にこのようなことを書いてしまうのは
反則かもしれませんが、
信じて、聞いてほしいのです。

この物語は、準備ができたら開いて。
2時間前後で読めちゃうから。

そして、何も考えずにただそこにある映像を想像して、
彼女の言葉をきいてください。

最初は、想像しすぎるとちょっときついかも。
でも信じて、大丈夫。

そこには 愛しかないから。

これは誰のことを言ってるんだろう
こんな展開がまっているのでは?

そんなこと考えないで、
プールの中でたゆたうように
この物語に潜ってみてください。

created by Rinker
¥1,650 (2022/08/13 09:56:14時点 Amazon調べ-詳細)