ネガティブは弱みじゃなくて強み。実際に読んで自分が変われた本3選

「あなたはネガティブですか?それともポジティブですか?」

こんにちは、新垣才です。

僕は以前、自分の経験をもとにした、
「ネガティブな人が幸せになるためのnote」を書きました。👇

断言しよう。ネガティブな人はポジティブな人より幸せになれる。

ありがたいことにこのnoteは多くの方に読んでもらえたのですが、
「実際にどうやってネガティブを強みに変えていったのか教えて欲しいです」というコメントもいただきました。

これについては個人で続編として執筆中ですが、今回の記事では
僕が実際に読んで、ネガティブを強みに変えるときにとっても役に立った本3選
を紹介したいと思います。

「ネガティブを変えたい!」と思い立ち、
100冊以上読んだ中から選んだ3冊です。

お役に立てたら嬉しいな…!

 

『それを、「楽しいほう」に変えてみない? 明日ちょっと運がよくなる、思考のメモ』

1冊目はF太さんの『思考のメモ』。

F太さん(@fta7)は2018年8月現在、Twitterで11万人ほどのフォロワーさんがいるかたでして、”緊張した気持ちをふぅっと楽にしたり、ほんの少し勇気がわくような、そんな思考や情報” をツイートされています。

素敵な人って、ワンパターンだ。

親切で、周りの人を大切にし、勉強熱心で聴き上手。行動的でポジティブ。

良い人も悪い人も、「素敵なひととはなんぞや」というところのイメージは、わりと同じなのだ。

 

「君は気遣いが下手だね」と言われたからって気にする必要はない。

それは単に、「その人が思う気遣い」に、あなたの得意な気遣いが当てはまっていないだけ。

あなたの心遣いをしっかり感じ取ってくれる人もたくさんいるので、そういう一括りにするような言葉に惑わされないでいただきたい。

 

でも、「頑張ってるね」よりも、「楽しそうだね」って言われたい。

 

このように、F太さんが勉強仲間がほしくてはじめたTwitterで発信した、140文字に満たない言葉の数々がもとになった本、それが『思考のメモ』です。

僕はこの本で特にすきな言葉にはふせんを貼っていて、今でもたまに手にとって読み返しています。それぐらい自分を成長させてくれた本です。

あなたにも、あなただからこそ響くF太さんの言葉がきっと見つかると思います✨

 

『マンガでよくわかる 怒らない練習』

created by Rinker
¥4,970 (2019/08/22 23:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

僕に実際に会っている方に言うとよくおどろかれるのですが、僕は昔かなり怒る人でした。

知り合いやそこそこの友達にはまったく怒らないのですが、親友、とくに恋人とはケンカしてばかりだったんです。

ある一線を越えると自分への評価と同じように、とても厳しい評価を相手にしてしまい、
「なんでそうしちゃうの」
「そんなこと普通しない」
と求めるレベルが急に高くなってしまっていました。

二冊目はそんな「怒り」をコントロールする技術、”アンガーマネジメント” について書かれた本です。

「怒り」ってなんだろう?
というそもそもの部分から、イライラを解消する特効薬のような方法まで、アンガーマネジメントのひととおりを学べます。

マンガなのでスラスラと読めますし、イメージがしやすいです。

「怒ってしまう自分がキライ」と感じている方にぜひ読んでいただきたい1冊です。

 

『自分を愛する技術』

created by Rinker
¥827 (2019/08/22 23:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

最後の3冊目はこちら。

タイトルの自己啓発本らしさが強いので、ウッとなる方もいるかもしれません。この本は「自分を好きかどうか?どうやったら好きになれるのか?」という「セルフラブ」について言及しています。

一般的に世間に出回っている成功哲学は、
目標設定や習慣形成、心理テクニック、マインドセットといった「アクション」や「マインド」の部分にしか触れておらず、
自分を愛するという「セルフラブ」については語っていません。

ですが、この「セルフラブ」の土台がなければ、どんなノウハウもスキルも結局実行に移されず、全てが無駄になってしまいます。

だから、人生を変える第一歩は、「自分を愛すること」なのです。

ネガティブな人は、ネガティブな自分が嫌いな人が多い傾向にあるかと思います。僕もその一人でした。

「なんで自分はこんなに暗い考え方なんだろう」とか、
「自分は人を信じれないダメな人間なのかな」とか。

そんな人は、自分をまず好きになるところからはじめてみる、その方法を学んでみるのはいかがでしょうか?

また、この本の中には「自分を愛せているか見極めるワーク」が登場するのですが、お役に立つと思うので紹介します。

それは、「1分間で自分の長所をあげれるだけあげる」というシンプルなもの。

はじめは2,3個ぐらいしか出ない人でも、自己愛が確立されると20個以上出てくるようになるそうです。

ちなみにいま僕もやってみたのですが、23個出ました!ひさびさにやったので結構驚いています。こんな僕でも、この本を読みはじめた頃は4個くらいしかあげられませんでした。

このようなワークもありつつ、中身は主人公とメンターの物語形式になっていて読みやすい本です。気になったらぜひ書店などでお手にとってみてください。

—–✂︎—–

さて、僕が実際に読んで、ネガティブを強みに変えるときにとっても役に立った本3選をご紹介してきました。1冊でもあなたにとって気になる本があったらとても嬉しいです。

また、この中の本を実際にお読みになって、何かあなたの中で変わるものがあったのならそれに勝る喜びはありません。

この記事があなたにとってのきっかけになることを願っています。

合わせて読みたいおすすめの1冊