【5月】月間人気書評BEST5

今日から6月ですね。わたしの本棚もスタートしてから1か月が経ちました。

おかげさまで、多くの方にサイトを見ていただくことができ、メンバー一同とても喜んでおります。

これからもコツコツと大好きな本の書評を更新していきますので、温かく見守っていただければと思います。

さて、5月は合計で56本の書評を書くことができました。

その56本の書評の中から、アクセス数が多かった書評ベスト5を発表いたします!

では5月の月間ランキングの発表です。

 

5位: 女の無理ゲー攻略ブック!『嫌なこと全部やめたらすごかった』(小田桐あさぎ 著)

女の無理ゲー攻略ブック!『嫌なこと全部やめたらすごかった』(小田桐あさぎ 著)

 

やりたくないことはやらない、やりたいことだけやって幸せになる!という人生観で、多くのことを手に入れた小田桐あさぎさん初の著書。

婚活も逆転の発想でうまくいった!など具体的な事例も書かれている本。

 

4位: 無所属という生き方の指南書。はあちゅう監著『無所属女子の外交術』

無所属という生き方の指南書。はあちゅう監著『無所属女子の外交術』

 

確かに世の中には、「〜系女子」というレッテルが多くはびこっていますが、わたしは、いつの間にかそれに慣れきっていました。

そのレッテルから自由になり、何にも所属していない、無所属の状態になろうというものです。

帯にいっぱい「〜女子」と書かれてあって、おもしろい本。

 

3位:自分に価値資本を貯めろ!『10年後の仕事図鑑』落合陽一+堀江貴文

自分に価値資本を貯めろ!『10年後の仕事図鑑』落合陽一+堀江貴文

 

これからのIT主流時代を生きる若い世代にはとくに読んでほしい!

「みんながそうしているから」「一般的にそれが常識だから」

そんな理由では、もう通用しません。これからの社会がどう変化していくのかを考えながら自分の人生を見つめなおすいいきっかけになりそうです。

 

2位:クリエイターが集う、現代版トキワ荘。辻村深月 著『スロウハイツの神様』

クリエイターが集う、現代版トキワ荘。辻村深月 著『スロウハイツの神様』

ライターすーちゃんが高校時代に出会ってから、繰り返し読んだ。そのたびにわたしを奮い立たせる、戦友のような作品。

愛しかない書評。渾身の書評です。

 

1位:“意識高い系”だと敬遠しないで!はあちゅうの『自分を仕事にする生き方』

“意識高い系”だと敬遠しないで!はあちゅうの『自分を仕事にする生き方』

やりたいことをやって生きる道は、これからの時代の新しい生き方だと、この「「自分」を仕事にする生き方」を読んで、切々と感じました。

自分らしく生きていくために、自分にしかできない生き方を模索していく。

そんな生き方のヒントになるエッセンスが詰まった本。

 

***

いかがでしたでしょうか?お好きな本はランクインしていましたか?

わた本では皆様からの書評のリクエスト、作家様からの献本など随時募集しております。

献本いただいた本は必ず書評を書かせていただきますので、お気軽にお問合せくださいませ。

問い合わせはこちらから。

 

6月もよろしくお願いいたします。

合わせて読みたいおすすめの1冊