自分をプラスにするモノ作り。藤原麻里菜 著『無駄なことを続けるために』

こんばんは、もるです!

突然ですが、吉本所属の「藤原麻里菜」さんをご存知ですか?

元々芸人になろうと吉本のNSCに入り、自身の「無駄づくり」作品をYoutubeで流したことで反響を呼び、
なんと去年は台湾でその作品たちをもとに個展も開き、25,000人を動員したこれからますます期待の25歳の若き女性です。

私は、藤原麻里菜さんのtwitterから「無駄づくり」作品に思わずハマってしまい、
お笑い芸人、Youtuber、執筆家、司会、そして発明家とも呼ばれる彼女の著書も気になって、購入に至りました。

2013年から5年間、約200個もの「無駄づくり」制作に業を煮やしてきた彼女の
「好き」を貫くために、今までのストーリーがこの著書に描かれています。

 

「無駄づくり」って?

 

新社会人のために「会社を休む理由を生成できるマシーン」

 

ツイッターで「バーベキュー」と呟かれる度に、藁人形に五寸釘が打ち付けられるデバイス

など、思わず笑ってようなこれらの「無駄づくり」を作り続け、
今では企業とプロモーション活動として、利用されている「無駄づくり」作品も増えています。
(「バーベキュー」と呟かれる度に、藁人形に五寸釘が打ち付けられるデバイスは、企業とのプロモ作品・・・!)

ダメな自分をプラスにするもの作り

 

私は、私の中にあるダメな部分をプラスにするために、「無駄づくり」をしている。
捻くれていたり鬱屈とした自分自身を「無駄づくり」を通して、笑いへと変えていく。
そうすることで、生きづらさを感じていた世の中が、少しずつ生きやすくなって来た。

ネガティブだったり、怠け者だったり、そんなダメな自分の部分を「笑い」に変えたかったことから吉本芸人養成所に入り、
自分のネガティブさから生まれたネタを披露したところ、「面白い」と言われ、この道を決意。

お笑いを始め、そこから制作物である「無駄づくり」をyoutubeで発信することで、多くの人に見てもらえるようになり、
彼女の指標である「私の人生のありとあらゆることをプラスにする」ということへ繋がっています。

分かり合あうには「見せる」

 

作ったものを人に見せることで、客観性が生まれる。
人に見せることで、作品として昇華される。
そして、応援してくれる人も増えてくる。

自分の作品を披露することに億劫さを感じていたけれど、反応をもらうことで「自信」へと繋がったと述べています。

自分の中にある抽象的なものを信じて作り、そしてその抽象的なものをつかむためには、人に「見せる」という行為は必要だと、
インターネットを使って様々な形で披露することを開始しました。

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
  • note
  • Blog
    などなど、使える媒体を駆使し、その上で見せ方を考えて来た彼女、

今ではYouTubeでは6万人、twitter4万人、とその成長が歴然です。

「ベーシックインカム」を作る

近年では「副業」、「フリーランス」などと、「好きなこと」を仕事にするには?「好きなこと」で生活するには?
と、いろんな場所で、いろんな意見を目にしたり聞いたりすると思います。

しかし、ここで藤原さんは、「藤原麻里菜」という名前が出る仕事と、「無記名」の仕事を並行しているという。

「無記名」の仕事を受けることで、記名の案件で嫌な仕事を受けなくてもよくなる。
丁寧に育ててきた「無駄づくり」というコンテンツの中では、自分自身が納得できることをやっていきたいのである。
成長できるような、面白い仕事をしていきたいけれど、お金に困るとそういったプライドのようなものがすぐになくなってしまうような気がする。

「好きなこと」をどう仕事に?お金に?とどうしても考えて結びつけようとしてしまいそうな部分が自分にはありました。

でも、「好きなこと」に自由を与えるために、ベーシックインカムを得るように働く部分(ある種の保険)を持つことで、
自由度や満足度を持って、「好きなこと」に対して気持ちに余裕を持って取り組める。そういう見方もあったんだ!と思い同意しました。

 

台湾での個展まで、幅を広げている藤原麻里菜さんの
「好き」を続けるために、「稼ぐ」ことにした経緯、考え方がたくさん詰まったユーモアたっぷりの著書でした!

ぜひ拝読ください・・・!

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島出身、関西在住。社会人2年目。 わたしの本棚 ライター 好きなジャンル:恋愛、ビジネス、エッセイ 好きな著者:江國香織、森絵都、東野圭吾、伊坂幸太郎、吉本ばなな、はあちゅう(敬称略) 商社でプロダクト関連のデザインのお仕事をしています。 書くこと、デザインすることをお仕事にしていきたく奮闘中・・・!