これが非さわやか100%青春小説・・・ 姫野カオルコ 著 『彼女は頭が悪いから』

こんばんは、もるです!

今回取り上げる小説は、人によっては気分を悪くされるかもしれません・・・。
内容も少しヘビーで、辛い内容が含まれています。特に女性には厳しい内容もあると思います。

この小説「彼女は頭が悪いから」は、実際にあった強制わいせつ事件をモデルにした小説です。
それは2016年に起こった東大生5人による強制わいせつ事件です。

この事件が起こった時、普段のわいせつ事件と異なったのは、
非難を浴びたのが加害者ではなく被害者の女性だった点でした。

「東大生の未来を潰すな」

「ただの女子大生が東大生と遊ぶからだ」

などと非難を浴びることになりました。

この事件はもう風化しているくらい、もうあまり耳にすることはなくなりましたが、当時は色んな意見が出ていました。

この小説は、この事件を元にしたフィクション小説です。

created by Rinker
¥1,890 (2019/02/21 23:44:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

ただの「わいせつ事件」ではない

よくあると言っては語弊がありますが、大学生がサークルで強制的にわいせつ行為を行ったという類のわいせつ事件とは少し異なるのが、
この事件には、単に「わいせつ事件」ではなく背景に、

  • 学歴社会
  • スクールカースト
  • 男女の違い(認識の違い)

 

それら多くの人の潜在認識が、この事件が世間に出た際露わになり交差しました。

「東大生がわいせつ行為をしたとしても、退学なんて勿体無い」

「そもそも女子大の大学生が東大のサークルに入るからだ」

「東大生を弄ぼうとした尻軽女なんじゃないか」

 

実際にその女性が事件で行われた内容が、筆するに苦しいくらいの内容でも、このような意見が多く出てきました。

 

事件が起こるまでの経緯

 

被害者になる女性は、ごく普通の家庭で育った美咲。女子大に進学した。
加害者になる男性の竹内つばさは、都内の十分な環境で育ち、東京大学理科1類に進学した。

この二人はごく自然な出会い方で、一目で恋に落ちます。

しかし、つばさは、美咲を自身の所属する星座研究会のメンバーと引き合わせたことで悪夢は始まる。
東大男子の面々は、普通の女子大に通う美咲を<ネタ枠>と判定した。
これがつばさのプライドに火がつくこととなり、<「元カノ」だと思われ>たくない。そうつばさは思うようになり、彼女への態度が急変する。

それから、加害者5名は、6ヶ月後にはかくも事件になってしまう卑劣な行為を彼女に対して手を染めてしまうのだった。

 

想像力の欠如から生まれてしまうこと

 

事件の夜、加害者5人は被害者の女性に対して、辛辣なわいせつ行為を行います。

そして捕まった後の裁判の際、加害者のつばさは、元恋人の被害者に対して

「なんで、あの子、あんなふうに泣いたのかな」

と言うシーンがあります。

これを聞いてしまうと、「加害者はサイコパスなんじゃないか。」そう思ってしまう人もいるかもしれません。
私もその一人です。

しかし、この小説で表現していることは、
加害者の行いがいかに辛辣なものであったかと言うことだけではなく、

そもそもの「認識の違い」です。

人それぞれの認識、想像力があって、そこのベクトルの向かい方が育っている人、そうでない人もいます。
今回の事件は、加害者がわかりやすい「東大生」という世間でイメージしやすい対象であったこと、
そして、世間が東大生に対して抱いているイメージが加害者の5名にいかに影響していたかということが顕著になりました。

そして、彼らの背景も含まり、相手の痛みが想像できず、私欲のために傷付ける・犯罪に染めてしまうことを厭わない結果に導かれたと思います。

 

 

この小説を知って、事件を詳細を私は知りました。
とても胸が痛い気持ちになりました。
「頭が良い」=「偉い」でもなければ、「優れている」=「学歴」でもないと思います。

でも、この事件では、そのような学歴社会から、スクールカースト、男女の違い
そんな日頃触れにくい部分が現れていて、いかにイメージや偏見に左右されているか、されている人がいるかを思い知りました。

最近は、女性の医大受験問題など、色んなジェンダーにまつわるニュースがあって、考えてみたくなるこの頃です!
内容は、純粋で残酷な恋愛小説です。

読んで読んで!とグイグイと進めれないですが、読んでほしい・・・もどかしい小説です。

created by Rinker
¥1,890 (2019/02/21 23:44:58時点 Amazon調べ-詳細)

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    鹿児島出身、関西在住。社会人2年目。 わたしの本棚 ライター 好きなジャンル:恋愛、ビジネス、エッセイ 好きな著者:江國香織、森絵都、東野圭吾、伊坂幸太郎、吉本ばなな、はあちゅう(敬称略) 商社でプロダクト関連のデザインのお仕事をしています。 書くこと、デザインすることをお仕事にしていきたく奮闘中・・・!