日々の暮らしを美しくするアイデア集。暮しの手帖編集部 著『暮らしのヒント集』

 

もうすっかり夏ですね!
私はもうすでに夏バテし始めています。。

忙しさやすることに追われて、何か大切なことや丁寧な生き方が出来ていないなと思って
読んだ本を今回をご紹介します!

暮らしのヒント集

贈り物にも喜ばれているロングセラー本

 

 

中は小説でも、エッセイでも、ハウツー本でもありません。
中には暮らしにヒントを与えるような469個の工夫とアイデアが詰まっています。

料理の間、お風呂の待ち時間、眠る前、などなど
ふと一日の振り返りなどをするときに、ペラペラとめくるように気軽に読むことができます。

 

ちょっと見えない心持ちや工夫を大切にする

 

264.大変な時や、辛いときは、自分にとってチャンスの時です。
謙虚な気持ちを思い出し、素直な気持ちで努力しましょう。
きっと大きく成長できるでしょう。

 

326.家中のゴミ箱を洗ってみましょう。汚れるものだからこそ、いつもきれいにしておきましょう。

 

些細なことですが忘れがちなことがたくさん書かれています。
全てをしっかり読むわけでもなく、目に止まったことを「なるほどな・・・!」と受け入れてちょっと意識が変わる1日が過ごせました。

 

振り返る

 

他のことが気になってしまったり、落ち着かない日々があったり、
余裕が持てなくなってしまいそうな時、
ふと現状や今に感謝を持つことが出来たり、丁寧に過ごせる、気付けることは意外に難しいことだと思います。

でもそれが出来ると、何気ない1日にも発見や気付きが増えて、豊かになるように思っています。

そんなヒントが詰まった本、ぜひペラペラ日々めくってみてください・・・!

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島出身、関西在住。社会人2年目。 わたしの本棚 ライター 好きなジャンル:恋愛、ビジネス、エッセイ 好きな著者:江國香織、森絵都、東野圭吾、伊坂幸太郎、吉本ばなな、はあちゅう(敬称略) 商社でプロダクト関連のデザインのお仕事をしています。 書くこと、デザインすることをお仕事にしていきたく奮闘中・・・!