【わたしの本の楽しみ方】わたしの本の選び方と環境を紹介します!

わたほん6月企画、『わたしの本の楽しみ方』ウィーク!
続きまして、もるがご紹介します!

読書方法

読み方

わたしは完全に通読派です。
同時並行で読むことはほとんどありません。忘れっぽいので、他のものを読むと戻ってきたときにまた最初から読むことになりそうという不安もあります。

選び方

特に「これ!」というジャンルがないので、
・友達が勧めてくれた本
・気になる人がSNSにアップしていた本
・本屋で見つけた本

を買うことが多いです。
自分が知っている人に勧められたらすぐAmazonでポチります!単純です。
(ここで他のメンバーが紹介している本も、順次ぽちぽちしています!笑)

環境

本を読むときは、家より外の方が多いです。
家で読むのも良いのですが、掃除したくなってしまったり、何かと目についてしまうので、
「読むぞ!」と思う日はカフェや本屋さんで半日ほど籠ります。
おすすめの場所をご紹介します!(関西圏)

スタンダードブックストア

ブックカフェです。大阪にスタンダードブックストアは3店舗ほどあり、本を読みながらカフェにいることができます!
店主さんが選んだ本なので、通常のベストセラー本ばかりでなく、
なかなか出会えない本もあり、面白いです。

スタンダードブックストア

ここに来るときは、大体5時間ほど滞在してます。

蔦屋書店

全国にある蔦屋書店。
店舗によって、イベントや雰囲気が違うので、同じお店でも行ってみて面白いです!

おすすめは枚方T-SITE

入った瞬間から「本!」「本!」「本!」という感じで、
ビル一体が本屋さんのような空間です。
一日中いても飽きない空間です!

電車の中

電車の中で読書って、意外と捗りませんか?
私は学生時代、片道2時間掛けて通っていたこともあり、読書するには良い時間だと思っていました。
今でも、「快速」などの混んだ電車に乗るより、普通の電車に乗って、少しのんびり本を読んで家に帰ることもあります。

意外と集中できます。(不思議!)

 

以上、私の本の楽しみ方でした!

 

 

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

鹿児島出身、関西在住。社会人2年目。 わたしの本棚 ライター 好きなジャンル:恋愛、ビジネス、エッセイ 好きな著者:江國香織、森絵都、東野圭吾、伊坂幸太郎、吉本ばなな、はあちゅう(敬称略) 商社でプロダクト関連のデザインのお仕事をしています。 書くこと、デザインすることをお仕事にしていきたく奮闘中・・・!