発酵を通して文化を掘り下げる。小倉ヒラク著 『発酵文化人類学』

新しくわたほんメンバーに加わりましたはなこ(@hanakoxhakko)です
発酵愛好家として、発酵の楽しさを伝えるべく活動しています。

第1回目の書評は、(勝手に)発酵の伝導師と呼びたい発酵デザイナーの小倉ヒラクさんの
「発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ」

created by Rinker
¥1,728 (2019/07/22 20:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

発酵を巡る「トリップ本」

「発酵=健康、おばあちゃんが作るもの、いやはや、イケてるひとたちのおしゃれフード」なんて
イメージがあるかと思います。

発酵はともかく”文化人類学”なんてタイトル、え?なんか難しそうな専門書じゃないの?

いいえ、この本は違います。

ここまで発酵の世界を分かりやすく導いてくれる方はいるのでしょうか。

発酵好きさんも、カルチャー好きさんも、酒好きさんも、地方暮らしさんもジブンゴトとして読めてしまう万能書なのです。

読んだ後には、
日々の暮らしの中に潜む目に見えない世界が少しだけ愛おしくなってしまうはず。

冒頭には下記のように注意書き。

この本に期待してよいこと
・発酵文化の面白さがわかる
・同時に文化人類学における主要トピックスがなんとなくわかる
・人類の起源や認知構造についてそれとなく見識が深まる

期待して読んでみたい!という方は下に進んでね^^
なかなかマニアックな話をちょっと愉快にかみ砕いて教えくれる本です。

 

歴史から紐解く発酵

日本人が発酵と出会ったのは最古の歴史資料「古事記」に記されています。

古語は省略し、文中の超要約を引用すると

「神様にお供えしたご飯がカビたら酒になったから、

みんなで飲んでご機嫌パーティーしたYO!!」

そう!日本のみならず、発酵食は放置してたら、微生物のせいで(おかげで)別のものに変化して、しかも、美味しくって食卓にはかかせない食べ物になっちゃったってことなのです。

ここで力を貸したのが、ニホンコウジカビ(麹菌)。日本特有の発酵菌で、日本の食文化には欠かせないカビです。

カビって

相手に恋人がいるのを承知でデートに持ち込んで
略奪愛をサクセスさせるようなアグレッシブ系

つまり、生命力が半端なく強く、ほかの菌が分解できないものさえも打ち破るなかなかの肉食系。

その中でもコウジカビ(麹菌)は

発酵界におけるタモリ。
タモさんは他のタレントと一緒にいることでその真価を発揮する。
一人でも芸術者であるが、他の方々の力を引き出す名司会者として芸能界に欠かせない存在。

ほんの少し、イメージできましたか?

古事記で記された酒は、時代を経ていまでは
ネクタイ緩めたおっさんが高架下で飲む日本酒、
評論家が飲む高貴な日本酒、
マーガレットハウエルのシャツが似合いそうなおしゃれシティーボーイ&ガールが飲む日本酒
のように様々な種類に分けられるようになりました。

曖昧だからこそ正解がない

芸術に正解がないように、発酵にも正解なんてない。

1000円のお酒でも誰とどんな場所で飲むかによっては、高級酒にも引けをとらない。

くさやは、臭すぎて食べ物じゃないなんて言ったって、地域によっては
昔から親しまれている伝統食。

習慣、地域性、環境、情報、その時々で美味しさも、体への変化も同じではありません。
”誰一人として同じではない”なんてよく聞きますが、読み進めるうちに、十二分にその意味を感じることができると思います。

最後に

発酵、文化、一つ一つ自分で掘り下げていくと膨大な時間と頭を費やしますが、この本一冊あれば解決。

各章の解説の裏付けになっている書籍や論文も余すことなく紹介してくれています。

終わりのない世界をぜひのぞいてみてください。

created by Rinker
¥1,728 (2019/07/22 20:52:52時点 Amazon調べ-詳細)
合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県在住、発酵愛好家の管理栄養士。 好きな文筆家は江國香織、柚木麻子、平野啓一郎、東野圭吾、松浦弥太郎、服部みれい ジャンル問わずなんでも読みます。 本屋と図書館巡りが好き。 自分の気持ちに合わせてそのときに読みたい本を読む。