謎解きと、変わりゆく友情。 米澤穂信 著 『本と鍵の季節』

こんにちは、環(@echo3i_r)です。

私は米澤穂信さんのミステリー小説が好きなのですが、先日昨年2018年末に刊行された、『本と鍵の季節』を読みました。

私は、これまでも『満願』『王とサーカス』といった本の紹介記事をこちらにて書いていたので、
この本について書くつもりはなかったのですが、読み終えたときに「これは書かねば!」という思いに駆られました。
例えばもし、身の回りの人に、「米澤穂信さんの小説って何から読めばいい?」と聞かれたら。
私はまず、『本と鍵の季節』をお勧めしたいと思います。

created by Rinker
¥1,540 (2019/10/24 13:37:42時点 Amazon調べ-詳細)

青春時代の“ひりつき”が絶妙、ビターなミステリー

米澤穂信さんが書く、ミステリー小説の魅力

米澤穂信さんが書く、ミステリーの魅力をざっくばらんに書くとすれば、以下の2つがあると私は思っている。

  • 第1に、青春時代特有の息苦しさや、絶妙な“ひりつき”
    アニメ化もされている、デビュー作『氷菓』から始まる“古典部シリーズ”、
    『春期限定いちごタルト事件』から始まる“小市民シリーズ”など、
    高校生たちが主人公の青春ミステリーの中で顕著に描かれている。
  • 第2に、人間の善悪
    前述した『満願』『王とサーカス』といった、いわば大人向けミステリで、描かれることが多い。

『本と鍵の季節』

『本と鍵の季節』はさて、そのどちらの魅力を持っている作品か?
私のアンサーは、どちらも、だ。

上記2つのエッセンスを多分に感じる、絶妙なミステリだと思っている。
読む前に侮っていたわけではないのだが、青春ミステリという帯のうたい文句のイメージで
読み始めたので、徐々に胸にこみ上げてくるひりつきが、ギャップのように感じてたまらなく面白かった

私の造語だが、言うならば青春ヒリヒリ系が好きな方には、強くお勧めしたい。
帯どおり、青春特有の爽やかさも十分あるし、読んでいていたたまれなくなるような、ヒリヒリ具合ではないので、ご安心を!

あらすじ

高校2年生の堀川次郎と松倉詩門は図書委員。ふたりがいる放課後の図書室には、いつも謎が持ち込まれ──。
男子高校生が繰り広げる推理と友情、そして爽やかでほんのりビターな結末に驚かされる、著者の新たなミステリ開幕!

この小説は、ひとつひとつが短編の、連作ミステリー。
一遍完結スタイルだが、ふたりの高校生、堀川と松倉は共通して謎解き役として登場するし、ふたりの関係性は話が進むごとに少しずつ変わっていく。
このふたりの距離感も、読んでもらえれば分かると思うのだが絶妙にヒリヒリしていて、たまらない。

ホームズとワトソンならぬ、ダブル探偵役!

「俺にとって、疑うってのは性悪説だ。
自分に笑顔で近づいてくる人間はどいつもこいつも嘘つきで、本音を見抜くにはこっちにも策がいると考える。
ところがお前は、そうじゃない。
性善説と言えば言いすぎだが、相手の言葉の枝葉に嘘はあっても、その根底にはなにか真っ当なものがあると信じている節がある」

この言葉は、松倉が堀川への印象を、口にしたもの。
ふたりは似ているようで、どこか似ていない。

松倉と堀川は、どちらかが探偵でもう一人が補佐、という立ち位置ではなく、お互いがお互いを補完しあい、謎解きを進めていく
ひとりでは謎が解けないダブル探偵が、どうやって答えを導くのかも注目ポインだ。

「ロックオンロッカー」

1編目「913」は、堀川と松倉は出会って2ヶ月くらい。
波長があう、同じ図書委員同士という関係性だ。
少なくとも主人公(物語の視点)の堀川は、松倉のことを何となく理解しあっていると、少なくとも堀川は感じているような描写がある。

2編目「ロックオンロッカー」は学校から出て、なぜかふたりで美容室に行くことになる話だが、会う場所が違えば、着ている服が違えば、「こいつ、こんな奴なんだ」という一面が見えてくる。
「本当に自分たちはわかり合っていたのか?」と堀川が感じるきっかけになるのが、この話だ。

この2編目は、ふたりが訪れた美容室で、店長に言われた、
「貴重品は、必ず、お手元にお持ちくださいね」のひとことがきっかけで、謎がはじまる。

ミステリ好きの人はもしかしたら、ピンとくるかもしれないが、『九マイルは遠すぎる』を感じるテイストだ。

余談 『九マイルは遠すぎる』

余談だが、『九マイルは遠すぎる』がどんな話かというと、

「九マイルもの道を歩くのは容易じゃない、まして雨の中となるとなおさらだ」

探偵役が、耳にした何気ない言葉を頼りに推論を展開し、殺人事件の真相を突き止めるという物語だ。
本作に限らず、日本でも複数のミステリー作家が同じシステムの小説を生み出している。

実は米澤さんも、別著作『遠まわりする雛』にも、この九マイルは遠すぎる、の方式にのっとった短編が収められている。

米澤さんのミステリーは本作に限らず、古典ミステリのオマージュのような短編も時折、書かれていてミステリ入門ガイド、のような見方もできるかもしれない。
(これを書けば長くなるので、そのあたりはいつか、別記事で書いてみたい。)

変わりゆく友情

さて、話を本筋に戻すが、3編目「金曜に彼は何をしていたのか」で、堀川は松倉の様子をこう称している。

立ち去る松倉の背中は、知らない男のそれのように見えていた。

この「本と鍵の季節」の注目ポイントのひとつが、物語が進むにつれ、変わっていく堀川と松倉の関係性だ。
似ていると思っていた友人の意外な一面を目にし、ふたりの友情は少しずつ揺らいでいく。
5編目「昔話を聞かせておくれよ」そして最終編「友よ知るなかれ」では、青春時代特有のひりつきが、最高潮に達する
堀川が抱いた疑念と、変わりゆくふたりの友情は目が離せない。

ミステリーって面白い

4編目に「ない本」という短編が収録されている。
この「ない本」はおそらく、本好きや本に親しみのある人、本に関わるお仕事をしている人は、読みながらネタが何となく分かるタイプの小話だ。

私はこの短編が、ネタがすぐに分かってしまい、面白くないと言いたいわけではない。
難解な謎を用意することだけがミステリーではない、とこの短編を読みながら、唸りたくなるものが、この短編にはあると思っている。

ミステリーを考えると、やはりすぐ謎解きをイメージしてしまうが、

  • なぜその謎は生まれたのか?
  • その謎を生み出した人は、なぜそれを隠そうとしたのか?

謎にまつわる、ひとつひとつの小さなエピソードが連なり、ミステリーになるのではないか?

「ミステリーって何だっけ?」という問いに対して、答えをくれる作家のひとりが、米澤穂信さんだと私は思っている。

結びに代えて

本書を読み終えたときの感想としては、
ラストの引きの余韻の部分が気になりつつも、そこが心地よく、

  • 「良いものを読んだ!」
  • 「洗練されたミステリー小説!」

といった気持ちでした。

その後、作者の米澤穂信さんとミステリー作家 青崎有吾さんの対談インタビューを拝読しました。
比較的新しい世代のミステリー作家であるおふたりの対談は読みごたえがあったのですが、
そのなかで、本作のその後について、米澤さんは「続けてみたいなとは思っています」と述べられていまして、
シリーズ化もあるかもしれないのか!、と胸が高鳴っています。

私はもう二十代も半ばですので、十代の学生たちが主人公の青春小説は感情移入ができないのでは、と思ったりもしたのですが、心配不要でした。
この「本と鍵の季節」から始まる、新たなミステリーシリーズがこれからも続いていくかもしれません。

ほんのりビターな風味もする青春ミステリー、ぜひご一読を!

created by Rinker
¥1,540 (2019/10/24 13:37:42時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県出身、読書が好きな社会人。 なんでも読む雑食系ですが、ミステリーやファンタジーをよく読みます。特に上橋菜穂子/恩田陸/辻村深月(敬称略)など。 読書は生活の一部。 ご紹介する本が、皆さまにとって良き出会いとなりますように。
合わせて読みたいおすすめの1冊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください