孤独ぶるのもそろそろ、卒業しよう。奥田亜希子 著『左目に映る星』

こんにちは、です。
本日は、奥田亜希子さんの『左目に映る星』をご紹介します。

私が好きなあの人は、もう現実にはいない。

主人公は26歳の女性、早季子。
彼女は他人に恋愛感情をうまく持つことができず、刹那的な関係を繰り返す日々を送っています。
早季子の胸のうちにいるのは、ある自分と同じ癖を持つ、小学校の同級生である吉住君。
彼の存在を胸に抱きながら、生きています。

「私はたぶん、この世界の誰とも付き合えない」
だって、私が好きな吉住くんは、もう現実にいないので。

これは、物語の冒頭で早季子が口にする言葉です。
小学生の頃に出会ってしまった吉住くんはいわば、完璧な理解者でした。

虚像にすがり、孤独を正当化する早季子

早季子にとって、吉住君からの言葉はよりどころであり、道しるべです。

身体がある限り、人は一人ぼっちで、つまり、寂しいのは当たり前のことなんじゃないか。

例えば、彼のこの言葉は詩的でありながらも、核心をつきハッとさせるような力を感じます。
寂しいこと、孤独は当たり前だという言葉を胸に、早季子は寂しさを抱えながら生きているのです。

そばにはいない吉住くんのことが早季子の心から離れることはなく、
日に何度も心のなかで彼のことを思いながら生きている……。
“吉住君”という今はいない虚像に心を縛られたように生きる彼女は、
世間一般で言うところのこじらせ女子に該当するのかもしれません。

しかし、早季子が不幸であるように私は感じませんでした。
完璧な理解者である吉住くんは、もはや自分の一部分。
彼の言葉や思い出をなくした自分は、自分なのか? そう早季子は考えています。

一度好きになった相手を、人は嫌いになれない。
早季子はそう考えている。
相手が、自分がどれほど変わっても、たとえ気持ちが現在進行形のものでなくなっても、
当時好きだった思いは、きっとそのままあり続ける。
永久に、不可侵的に。

そんな早季子はある日、自分と吉住君と同じ癖をもつ、
宮内という男性の存在を知り、興味を駆り立てられます。
「ぜひ会いたい!!」そんな気持ちを暴走させるように早季子は宮内を会うことになりますが、
彼はいわゆるアイドルオタク、自分がおいかけるアイドル以外にはまったく興味を示さない、
早季子とは生きる世界が違うような男でした。

“違い”を肯定すること

早季子は、宮内がファンであるアイドルのライブに同行するようになり、
完璧な理解者が心にいるのに、自分と違う宮内との関係は不思議なことに途切れることなく続いていきます。

私自身、人との距離が縮まるきっかけは
好きなものが同じだったりすることが多くありました。
共感という気持ちは、“好き”という気持ちと近くて、でもきっと同じではないのだと
この物語を読んだ今は思います。
共感しあうことで、孤独や寂しさが薄まるわけではないと、
“違うけれど本当の自分を見せ合える関係”が大切ではないか、と。

作中で、早季子に突き付けられる言葉があります。

「おまえ、まだ孤独ぶって、周りの人を傷つけてんのかよ。
おまえって本当に自分のことしか考えてないよな。
自分以外の人間にもちゃんと感情があるってこと、分かってないだろ。
いくつのつもりだよ。孤独ぶって好き放題するのも、いい加減にしろよな

自分の理想の理解者と、孤独その狭間で揺れ動く早季子の心情は細やかで、
宮内との関係はどこか奇妙で、だけど愛おしく思います。

170ページあまりの物語でありながら、しっとりと胸に沁み込んでいくような作品です。
寂しいな、と感じた時にぜひ思い出して、読んでいただけたら嬉しいです。

created by Rinker
¥507 (2019/06/17 20:53:33時点 Amazon調べ-詳細)