ジャーナリズムにおける正義を問う。米澤穂信 著 『王とサーカス』 

初めてのかたははじめまして、そうでない方はこんにちは。です。

秋といえば読書、そしてやはりミステリーが読みたくなるということで、前回の『丸太町ルヴォワール』に引き続き米澤穂信さんの『王とサーカスご紹介します。
2001年にネパールで実際に起きた王族殺害事件をもとに、フリージャーナリストの苦悩と葛藤が描かれています。

フリージャーナリスト 太刀洗万智

本書は2015年に単行本が刊行、前作の『満願』に引き続き、史上初となる2年連続ミステリーランキング三冠に輝いた作品です。
『王とサーカス』は2001年に実際に起き、いまだ現在も真相不明であるネパール王族殺人事件がもとになっています。

主人公はフリージャーナリスト 太刀洗 万智(たちあらい まち)
実は彼女、米澤穂信さんの『さよなら妖精』『真実の10メートル手前』という作品にも登場していますが、いわゆる“第2巻”として刊行されたものではないので、『王とサーカス』から読まれても問題はありません。

『さよなら妖精』は2004年に刊行されていますが、そこから11年の時を経て、当時高校生だった太刀洗万智が新聞社を退社したばかりの、フリージャーナリストとして登場します。
彼女はある月刊誌から海外旅行特集の仕事を受けてネパールへ入国、しかし直後に国内で王族殺人事件が起きたことでジャーナリストとして取材を開始します。取材を行う中で、接触した男が“INFORMER”と背中に文字を刻まれ、彼女の前に転がり――。
「この男は、私のために殺されたのか?」
太刀洗は苦悩と格闘しながら、事件と向き合い、真実を明らかにしていく――そんな異国情緒ただようミステリー。

彼女が歩くネパールのカトマンズ、いつか訪れてみたいな、と感じさせる旅情感と、シリアスな展開がとても魅力的な1冊です。

消費されていく“ニュース”

皆さんは日頃、どのような手段でニュースに触れているでしょうか。
テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、ネットニュース…手段は様々あれど、そこにはニュースを送る人がいて、受け取る人がいます。

作中では、ジャーナリスト 太刀洗が取材相手の男に告げられた言葉があります。
まったくもって的確で反論の余地がない、そう思いました。

「自分に降りかかることのない惨劇は、この上もなく刺激的な娯楽だ。意表を衝くようなものであれば、なお申し分ない。恐ろしい映像を見たり、記事を読んだりしたものは言うだろう。考えさせられた、と。そういう娯楽なのだ」

情報の送り手がそのような意図がなくても、果たして受け取り手は?
世間は情報に、ニュースに溢れています。
多くの情報の中で人々に衝撃を与えたニュースは、人々にとって確かに刺激的です。

男の「なぜ知り、記事を書くのか」という問いは、太刀洗を苦悩させ、そして彼女なりのひとつの答えにたどり着きます。

以前は記者といった限られた人だけが、情報の送り手でしたが今は違います。
スマートフォン、そしてSNSの普及により、私たちも情報の発信者。
見聞きした出来事や、ネット記事に関しての所感を発信することもまた、情報になりえる時代です。

“知ること”や“発信すること”は尊いものであったはずです。
しかし、私も含め今の世の中はその慎重さを失っているのではないか?
そうこの言葉は、太刀洗だけでなく私たち自身に向けて問うものであると感じています。

わたしは、知を尊いと考えてきた。言葉を一つ補うべきだ。わたしは、わたしにとって、知は尊いと考えている。他人もそう考えていることを期待してはならなかったのだ。

己自身に痛みを引き受けながら、真っ向から物事を直視し、向き合う太刀洗の姿は仕事のプロとして、とても魅力的に感じるのです。

created by Rinker
¥929 (2019/08/23 05:11:07時点 Amazon調べ-詳細)

結びにかえて

この物語はフィクションではない、と感じています。
今日もどこかで何かが起き、人々は何食わぬ顔をして“消費”していく。

“知る権利”という言葉はありますが、知ることで誰かを傷つけてはいやしないか?
当たり前のことでありますが、その権利はすべからく行使されるものではありません。

わたしたち自身が情報の発信者でもある今、胸に留めておきたい物語です。
皆さまにとっても、良き出会いとなれば嬉しいです。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

合わせて読みたいおすすめの1冊

ABOUTこの記事をかいた人

福岡県出身、社会人3年目 よく読むジャンル:なんでも読む雑食系ですが、ミステリーやファンタジーをよく読みます。特に上橋菜穂子/恩田陸/辻村深月(敬称略) 読書は生活の一部。 ご紹介する本が、皆さまにとって良き出会いとなりますように。